Amazonは日本の税金約150億円を支払い、2014年から10倍の増加

Amazonは現在、日本での電子商取引の大部分を国内で直接処理しているため、より多く課税されています。

amazon

日本での税負担を減らすために機能していた大手テクノロジー企業「Amazon」は、税金の公平な負担を負っていないという世界中の批判が高まる中で方針を変えています。

Amazon pay $137m in Japan tax, a 10-fold increase from 2014

https://asia.nikkei.com/Business/Business-trends/Amazon-pays-137m-in-Japan-tax-a-10-fold-increase-from-2014

Amazonは日本での法人税を支払っていませんでした。「日本で商売をして売り上げた金額は日本に税金を払うべき」と考えるのは当然です。ですが実務運用面では、税金の取り扱いには外交関係が大きく関係しているようです。

詳しくは以下の記事で解説されています。

「Amazonが日本で法人税を納めずに済む仕掛け」

https://president.jp/articles/-/29552

Amazon.comの日本子会社は、2017年と2018年の各年に約150億円の法人税を支払いました。これは11億円を支払った2014年の約10倍以上に相当します。Amazonの日本の売り上げは2018年に138億ドルに増加しています。

政府は、企業がどこで価値を生み出しているのかを見分けるのが難しくなっています。巨大なテクノロジー企業はより厳しい取り締まりを回避するために工夫しています。

Amazonは、日本の電子商取引のほとんどを国内の経済圏で直接処理しているため日本へのより多くの納税が課せられています。以前であればわずかな利益に対してのみが課税されていました。

日本Amazonは、事業を展開する全ての国で必要な税金を支払ったと日経に語っています。

そのため、Amazonは現在日本で3番目に大きいコンビニエンスストアであるLawsonと同程度の税金を支払っていることになります。

-Amazon
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.