日本人の長所を最大限に活かす方法「ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング」口コミ【audibleオススメの本】

audibleでオススメの本を紹介するシリーズ。

今回は人生で勝つためのマインドセットを磨き上げる方法を学ぶ「ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング」をご紹介します。

最初の一冊は無料

 audible

本書で紹介されているエディー流マインドセット「ハードワーク」のキーワードは「ジャパン・ウェイ」。日本人が持つ日本人らしい長所を最大限に活かし、短所を長所をに変えることで、実力以上の力を発揮させる、エディー流の必勝法です。

「マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる」「向上心のない努力は無意味」「”完璧”にとらわれるな」「戦いに興奮はいらない」など、彼のメッセージはビジネスにも役に立つものばかりですので「我こそは日本人らしい!」という方はぜひ学んでみてはいかがでしょうか。

「ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング」の口コミ

マインドセットを変えるには格好の本

自分なりに努力はしているものの、その努力の仕方が筋が悪いのではないかと感じていました。元ラグビー日本代表監督の著者が「ハードワーク」という本を出していることを知り、タイトルに惹かれて読んでみました。本書はラグビーの話が中心ではありますが、ビジネスパーソンにも役立つ心構えがたくさん述べられています。

例えば、「向上心のない努力は無意味」。これは漫然と努力するのではなく、明確な意図を持たなければその努力は意味がないということ。また、やや意外なことに「目標は不可能そうなほど大きいものがいい」「潜在意識を利用する」「眠った力を目覚めさせる」など非科学的な、ともすれば根性論に近いことを述べている点です。

しかし、これらが明らかに効果を発揮するということが本書を読んでよく分かりました。また、準備し、これらが明らかに効果を発揮するということが本書を読んでよく分かりました。また、準備の大切さを説いていたのも印象的です。スポーツにしても、ビジネスにしても、結局自身を持ってないとすればそれは事前準備が足りていないということなのです。副題に「勝つためのマインド・セッティング」とありますが、その名の通り、マインドセットを変えるには格好の本です。

ラグビー日本代表選手のマインドを変えたメッセージ

日本代表ヘッドコーチだったエディー・ジョーンズによる「勝つためにどうチームを作っていくか」の哲学。

特に心に残ったのは

・今本当に伝えたいことを一つに絞る

・メッセージは最初に象徴的なものを示し、次により具体的なものを示す

・ビジネス書を多数読むことで色々な言い方を学ぶ

日本人に必要なリーダーシップのエッセンスが入っている。

私が留学時代に感じたこの10年間で形にしてきたこととたまたま同じことをエディーさんは本書で書かれていました。日本人としての強みを徹底的に極め、また日本人の弱点を徹底的に克服し強みが活かせる状況に持っていくことで、どれだけの日本人が自信を取り戻せるのだろうか、いつも私はそのことを考えています。

エディーさんはそれを日本ラグビーというありえないほど不利と思われていた環境で、リーダーシップにより、日本ラグビーを圧倒的に強いチームに体質改善を導いた人です。

最高でした

先日「アナザーストーリーズ」というドキュメンタリー番組でエディさんを知りました。20年ぶりにラグビー日本代表を勝利に導いた名将の考えを少しでも知りたくて購入しました。20年ぶりにラグビー日本代表を勝利に導いた名将の考えを少しでも知りたくて購入しました。はっきり言って期待以上でした。

本文では日本人のことなかれ主義というか、主体性のないところをバッサリしてきされていますが、そこに愛も感じます。ネガティブで自信のない私にとっては最高の指南書でした。

圧倒的な勝利哲学

「ハードワーク」という言葉、深夜残業や休日労働など労働時間を指して使われることが多いが、そうではない。勝つには目標が必要で、そのための手段としてハードワークがある。著者の言葉にここまで熱く慣れた本は久しぶりだ。絶対にオススメ。

戦略的に行動しよう。勝つにも理由がある

不可能を可能にした人の言葉、考え方には学ぶところが多い。エディから得た言葉は、スポーツに限らずビジネスにも通じることがたくさんあると思った。

彼は弱点から目を背けない。背が低い、体が小さいという弱点を克服するためにサッカーや野球などの別のスポーツからヒントを得て、それを活かした。

諦めないで、認め、改善する。このサイクルにこそ人の成長、成功があるのだと理解した。

当たり前のことが書いてある

この本は非常に当たり前のことが書かれています。でも、それが素晴らしいと思ったので、星5つにしました。この本は努力が継続しない人にオススメです。努力をするためには何を意識すればいいのか、ということが分かります。

「努力とは準備のことである」という内容の文章が書いてあります。よく「火事場の馬鹿力」を努力と勘違いするので、気をつけなくてはいけないなと反省させられました。

-書籍
-, ,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.