ブログアフィリエイトの収益を手動で会計ソフトfreeeに登録する part5 【税金知識なしの奮闘記】

今回は、アフィリエイトで発生した収益を実際に「会計ソフトfreee」に登録する作業を行います。

会計ソフトを利用していないという方は、ブログやアフィリエイトの収益をどのように記録するのかをイメージしてみてください。同時進行で進めてきた簿記の勉強のおかげで少しずつ知識もついてきたので、専門用語についても少しずつ理解できるようになっています。

やはり自分で確定申告をするなら、簿記の知識はあった方が役に立ちますね。

アフィリエイトの収益を会計ソフトfreeeに登録する

今回は、もしもアフィリエイトからの収益を実際に会計ソフトfreeeに登録します。

2020年5月29日に、もしもアフィリエイトから振込の連絡がありました。もしもアフィリエイトの成果報酬は毎月月末に振り込まれます。

2020年5月の振込は1,889円でした。

それでは、この収入を会計ソフトfreeeに登録していきます。

会計ソフトfreeeにログイン

freeeのアカウントは、Googleアカウントでも作成できます。私はGoogleアカウントでログインします。

会計ソフトfreeeにログイン

freeeにログインすると、ホーム画面は下のようになっています。

現時点では、1,263円の先月分の収益が1件登録されています。

会計ソフトfreeeのホーム画面
会計ソフトfreeeホーム画面

今回は、もしもアフィリエイトから1,889円の収入が発生しているため、右のほうにある「収入の登録」という項目を選択します。

会計freeeに収入の登録

「収入の登録」を選択後は、収入の発生日や勘定科目などを登録していきます。

勘定科目

売り上げには2種類あり、

  • 本業による収入
  • 副業による雑収入

のどちらかによって勘定科目が異なります。

私の場合は、副業としてブログ運営をしているため雑収入となります。

収入の登録

その他の項目も埋めていきます。

  • 決済:完了
  • 口座:現金
  • 発生日:2020年5月29日
  • 勘定科目:雑収入
  • 金額:1,889円
  • 取引先:もしもアフィリエイト

「取引先」は"もしもアフィリエイト"としていますが、会社名にした方がいいでしょう。

そして、注意しなければならないのは発生日です。今回私は、報酬が振り込まれた日を「発生日」として登録していますが、広告主から承認された日が正式な発生日となります。

成果が承認された時点でfreeeに収入を登録する場合は、まだ収益が振り込まれていないため、決済未決済としましょう。口座に振り込まれた時に完了に切り替えます。

収入の登録後は、借方・貸方に自動的に仕分けされます。会計ソフトを使わない場合は、これを全て手作業により記録しなければなりません。会計ソフトfreeeを利用することで、税金の知識をほぼ使うことなくわずか1分ほどで仕分けが完了します。

freee売り上げ

ホーム画面に戻ると、登録した収入が反映されていることが確認できます。簡単ですね。

ブログの収益管理は簡単

今回は、会計ソフトfreeeを利用して実際に収入を登録する方法について解説しました。私は副業としてブログを運営し、さらに、経費を計上していないということもあり、成果が発生するたびにfreeeに登録するだけです。

個人事業主や青色申告の方の場合は、ここまで簡単ではありません。実際には、収益に関わる経費などを都度登録する必要があります。

今回は、もしもアフィリエイトからの収入のみを登録しましたが、Google AdsenseやAmazonアソシエイトなどの収入も同様の手順で登録します。いずれにせよ、収入を登録するだけなので、今回は非常に簡素化された手順だということをお忘れなく。

あくまでも私個人の実例を元にした解説なので、参考程度にとどめておいて下さい。

-税金
-, ,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.