2019年のデジタルマーケティングの変化と今後必要な戦略について

2019年以降も重要なデジタルマーケティングについて解説

デジタルマーケティングは、2019年以降も重要になってきます。

2019年に、Web上のマーケティングは変化しました。そしてこの変化は、今後も続いていくことでしょう。

この記事では、2019年のデジタルマーケティングの変化と今後も伸び続けるであろう施策について解説します。

2019年のデジタルマーケティングの変化

デジタルマーケティングについて理解していなければ、これから益々競争が激化するインターネット市場で勝ち残っていくことは難しいでしょう。

業界の最前線を捉え、マーケティングに柔軟であるためにも、「変化」に敏感であり続ける必要があります。

2019年にデジタルマーケティングがどのように変化し、自分のビジネスを成功させるために必要なことを書いていきます。

一つでも試して、時代を先取りすることがインターネット上で成果を上げるためのコツです。

①オムニチャネルに移行している

最初に知っておくべきことは、デジタルマーケティングがオムニチャネルアプローチに移行しているということです。

オムニチャネル

オムニチャネルとは、ネット、モバイル、SNS、屋外広告、店舗など、場所や媒体に縛られず、お客様と繋がる接点を複数持つことです。

>>オムニチャネル戦略とは

以前であれば、1つのチャネルのみでビジネスを構築することができました。例えば、FaceBookは他のユーザーとなる友達を招待するだけで、アカウントのフォロワー数を伸ばすことができます。

しかし、このような戦略で規模を拡大していくことは今後難しくなるでしょう。全く機能しない訳ではなく、以前ほどうまく機能しないということです。

これからのマーケティングは、オムニチャネルアプローチに移行していきます。

今では、クリック単価、SEO、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、バナー広告などの戦術など様々な媒体を使用してマーケティングを行う必要があります。

使用するチャネルが多ければ多いほど良い結果が得られます。SNSなどのチャネルは既に多くのオンラインビジネスがあります。これらをうまく活用しなければ、2019年以降はさらに競争が激化し、出遅れてしまうでしょう。

今からでも遅くはありません。SNSアカウントを解説し、流入経路を増やす工夫をすると良いでしょう。

Twitterで効率的に集客を行いたい場合は、SocialDog を活用すると良いでしょう。

  • 効率よくフォロワーを増やしたい
  • Twitter運用を省力化したい
  • 自分に関連したツイートを知りたい
  • フォロワーの定着率を上げたい
  • Twitterのフォロワーを増やしたいが何をしたら良いかわからない

という方におすすめです。

②音声検索に移行している

2つめに知っておくべきことは、検索が徐々に音声検索に移行しているということです。これはアメリカのデータになりますが、Comscoreは、Googleでの検索の半分は音声検索によるものになると推定しています。

既にアメリカでは、大人の5人に2人が音声検索を利用しています。

2020年までには、全ての検索の半分は音声検索になるでしょう。

つまり、2019年以降は、Webサイトを音声検索にも対応させなければならないのです。

>>音声検索(VSO対策)について

音声検索に対応するためには、サイトがhttpsであることを確認してください。音声検索で案内されるサイトは、検索トップの記事の場合がほとんどです。検索トップに表示されるためには、httpsであることも必須要件となります。

>>SSLについて

③サイトを高速で読み込む必要がある。

3つ目は、サイトを高速で読み込む必要があるということです。

高速で表示されない場合、音声検索でもうまくいかないでしょう。Googleは検索結果の上位で表示されるための要因の一つにページの読み込み速度が速い方が良いと明言しています。

そのためにも、Web技術に関する知識は必要不可欠という訳です。

 

サイトの読み込み速度を図るツールとしては、GoogleのPageSpeed insightsGTmetrixを使うと良いでしょう。どちらも無料でサイトの読み込み速度を測ることができます。

 

マーケティングの負担を軽減したい方向け

専門的な知識はないけれども、ホームページで集客したいという方はferret Oneを利用すると良いでしょう。

ferret Oneは

  • プログラミングなしで、初心者でも簡単にサイトの構築・編集ができる
  • サイトの運用を制作会社に依頼する必要がないため、費用を抑えられる
  • マーケティングサポートツールが充実している
 

という特徴があり、マーケティング初心者やプログラミング未経験者にとって、ハードルが高くないため、サイトの運営で迷っているという方は、一度無料相談をしてみると良いでしょう。

 

④コンバージョンの最適化

4つ目は、コンバージョンの最適化です。

近年では、CRO(Conversion Rate Optimization)という言葉で耳にする機会も多くなっています。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、Webサイトにおける最終的な成果のことです。サイトに訪問するユーザーが商品を購入するように、サイトを改善し、成約率を上げることをコンバージョンの最適化といいます。

広告は、時間と共にますます高単価になっていきます。スマホやデジタルデバイスが普及するにつれてさらに競争も激化するでしょう。

競争力を維持して優位に立つ唯一の方法がコンバージョンの最適化なのです。コンバージョンを最大化するために、ランディングページを最適化すればするほど、より良い成果につながります。

A/Bテストなどが実行できるツールを試して、コンバージョンの最適化に取り組むことで競争優位に立つことができます。

これらの戦略が、ユーザーやサイト訪問者からより多くの売り上げを得ることに役立つのです。取り組める戦略であれば、全てやってみるべきです。

⑤コンテンツマーケティングは今後伸び悩む

5つ目の変化は、コンテンツマーケティングは今後伸び悩むということです。

ユーザーが検索を行うときは、いつでも検索結果の一番上に表示される記事のほとんどがコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値のあるコンテンツの制作を通して、見込み客のニーズを育成・購買を経て、最終的にはファンとして定着してもらうことを目指すマーケティング手法です。

>>コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングには、アフィリエイトサイトも含まれます。

アフィリエイトサイトやブログは非常に人気があります。

しかし、既に使い古されている手法なので、誰もが同じ情報を使い回しています。同じ手法でコンテンツマーケティングを行ったとしても、ユーザーとしては「どこかで見たことあるなぁ」という既視感が生まれてしまいます。

今までに聞いたことのないような、新しい情報を作成しているのでなければ,

伸び悩むことになるでしょう。コンテンツマーケティングは、人々が今まで見たことのない新しいコンテンツを作成していない限り、リンク獲得やソーシャルシェアを拡大するのに苦戦することになります。

覚悟を持って取り組みましょう。

⑥動画コンテンツの普及

6つ目は、動画コンテンツの普及です。

Facebookは、動画であればより多く再生されます。YouTubeには多くのユーザーがいて、Twitterでも同様です。

動画コンテンツはテキストよりも容量が大きいですが、今後普及する5Gなどの通信回線の進化により、もはやテキストと遜色ない通信速度になります。

これらの要因を考えると、動画が普及するということは言うまでもありません。

まとめ

以上が、2019年以降も伸び続けるデジタルマーケティングになります。

時代の変化に柔軟に対応することで、売り上げを上げることができるのであれば、やらない手はありません。今回紹介して戦略を実行に移して成果を上げることが出来たら、この記事もほんの少し報われます。最後まで目を通していただきありがとうございました。

-WEB, マーケティング
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.