見込み客を真の顧客に変えるためのブログとは?サイト構築でよくある5つの間違い

ウェブサイトがスルーされたり、リンクがクリックされないというのは、多くのブローがやサイト運営者にとっては損失として積みあがってしまいます。

それでは、どのようにしてユーザーをサイトに訪問してもらったり、サイトの記事をより多く読んでもらったり、リンクをクリックしてもらえるのでしょうか。

 

ステファニー・フラックスマンさんは、多くの人がコンテンツの作成でアクセスを下げてしまう5つのミスをしていると言います。

>>5 Content Optimization Mistakes You'll Wish You Fixed Sooner

ミス①コンテンツがユーザーにとって最適化は分からない

ステファニーさんは、「たとえ検索結果のトップに表示されていたとしても、そのサイトがユーザーにとって最適化は分からない」と言います。

これは、多くの人が経験あるのではないでしょうか?

例えばエンジニアの方であれば、開発環境でのエラーに関してネットで探したがどれも自分のものとは、異なる環境での事例しか見つからないなどです。

 

ステファニーさんは、これを不動産の物件に例えています。家を購入する時、デザインや間取りなど、人それぞれ好みは違います。

ある人は、広い庭がある家を嫌い、シンプルな門と特大のバルコニーがある部屋を選びます。またある人は、広い庭で菜園をしようとしています。別の人は、特大のバルコニーがある家を嫌い、広いリビングのある家を好みます。

 

このように人それぞれ好みにマッチしたポイントは異なります。

これらの物件を見た人々は、どの物件が自分の好みに適しているかをすぐに見極めます。

 

これと同じことがウェブサイトでも同様に言えます。物件と同じように、トピックやカテゴリの情報をユーザーは瞬時に見極めます。

そのためユーザーは、検索上位に表示された情報を素早く調べて、欲しい情報が含まれているかどうかを確認します。

 

あなたのウェブサイトのコンテンツが明確な情報が提供していない場合、ユーザーに満足してもらうことはできません。

 

修正方法

全ての人を惹きつけようとすることはやめましょう。

 

独自のUSP(独自の売り、独自の提案)を認識して、特定の人に高く評価されるサイトを構築するべきです。あなたのサイトは、ある人にとっては最適化もしれないし、別の人には最適ではないかもしれません。

ですがそれでいいのです。全ての人に好まれる記事を書くことは不可能なのですから。

ミス②見出しが明確ではない

見出しが曖昧なものだと、ユーザーに有益な情報だと認識されなくなり、コンテンツを作成してもアクセスを集めることが難しいでしょう。

 

修正方法

サイトのコンテンツの内容に関連のある見出しを付けることで、ユーザーの注意を引くことができます。

結論から述べるということは、ウェブサイトでは特に重要になります。

サイトのUSPを活かしながら、ユーザーが求めている情報をページの前半の方に示すことで、サイトの求めている情報かどうかがすぐに分かります。

ミス③編集しない

ステファニーさんは、ウェブサイトのコンテンツはブラッシュアップしていく必要があると言います。

 

修正方法

コンテンツの有用性を妨げる情報や、無駄な関連リンクが多いと、忙しい読者は読むことをやめてしまいます。

編集というのは、あなたの考えを書くのではなく、ユーザーが抱える問題を解決に導く情報を整理するために行いましょう。

ミス④訪問者に学ぶ機会を与えない

多くのコンテンツを含むウェブサイトは、訪問者に新しいアプローチや情報、別の視点や考え方を示さなければ、ウェブサイトがパンフレットのように見えてしまうと言います。

 

あなたのウェブサイトのでしか得ることができないものを提供し、訪問者がさらに知りたいと思うようなコンテンツを豊富に掲載している場合、さらなるアクセスが見込めます。

サイトの有益性が感じられない場合は、ユーザーは他のサイトへとアクセスしてしまうでしょう。

 

修正方法

訪問者がサイトにアクセスしたときに、「コンテンツを全て見て回るには時間が足りない」と思わせるほどのコンテンツ必要です。つまり、そのサイトに何度もアクセスしてもらえるようにするためには、特定のコンテンツについて豊富な情報量が掲載されていることが望ましいのです。

 

俗に言う「雑記ブログ」だと、ブログを「書く人」に興味を持ってもらわなければアクセスを集めることは難しいのです。

 

ユーザーは気に入ったサイトを見つけ、再び訪れるためには、お気に入り登録したり、ブックマークしたりするでしょう。

ユーザーがこのようなアクションを起こすウェブサイトは、メーリングリストなどの登録が容易になるでしょう。

ミス⑤訪問者に購入させない

ウェブサイトの情報はあくまでもただの情報にすぎません。ビジネスのためのウェブサイトであれば、情報から購入プロセスにつなげることが重要です。

webサイトから「どんなビジネスで、どのようなメリットがあるのかを」示さなければ、見込み客を本当の顧客に変えることはできません。

 

修正方法

まずは、サイトの訪問者に公開する全ての情報に注意を向けておくように示すことが重要です。

熱心なサイトの購読者は、新しい情報があると必ず見てくれます。

あなたの製品やサービスを購入すると、どのようなメリットがあるのかを明確に示すべきです。

ウェブサイトは、ビジネスをする上で強力な集客媒体です。そこからビジネスに直結させることがウェブサイトの役割なのです。

以上の5つの間違いを修正し、サイトを訪問者にとって有益なものにしましょう。全てを実行し、改善を施すことでアクセスが飛躍的に増加するでしょう。

他の人気のあるブログサイトを研究してみると、人気の理由が分かるかもしれません。共通することとしては、どのサイトも特定のコンテンツについて豊富な情報量があります。

SEO的にも情報量の多いサイトは評価されるので、その分野の権威者としての地位を築き上げましょう。

-WEB, マーケティング
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.