読書で英語力を伸ばしたい時に意識すること

Learn English with Alexというチャンネルで「読書で英語力を上達させる方法」に関する動画をYouTubeにアップロードされています。

「読書」は英語力を向上するのに役立ちます。第二言語として英語を学ぶ人であっても、ネイティブと同じように英語が話せるようになります。

本を声に出して、誇張して読む

本を読むときは文章を声に出して、できるだけネイティブっぽく大げさに読むようにしましょう。このやり方に抵抗がある人もいるかもしれませんが、第二言語として英語を学んでいる場合、どうしても第一言語のアクセントでの発音になってしまいます。

英文を読む時に、誇張して声に出して読むようにすると、発音のスキルを向上させる方法です。どんなジャンルの本を読むかどうかは関係ありません。自分の好きな分野の本を読めば十分です。

大げさに読むようにすると、人の前で英語を話すような機会に自信を持てるようになります。英語を話す練習をしていなければ、突然人前に出ても話せる筈がありません。練習は人前でする必要はないので、気兼ねなく発声練習ができます。

語尾に注意を払う

本を読むときは、できるだけ語尾に注意を払うようにしましょう。特に「ed」や「s」などの語尾に焦点を当てるべきでしょう。英語学習者にありがちなのは、読んでいる時に「ed」を忘れてしまうということです。しかしながら、声に出して読む場合、強制的に文章に集中せざるを得なくなります。

それでも声に出す時には、「ed」や「s」などの語尾を正しく発音するということを軽視しがちです。これらの語尾に注目するようにすると、流暢に英語を話せるようになり、他人があなたが話す英語を理解できるようになります。

句読点に注意を払う

句読点は、コンマ、ピリオド、疑問符、感嘆符などを指します。これらの句読点に注意を払って読むことで、実際に発音するときのイントネーションを改善することができます。

イントネーションに注意を払って読むようにすると、例えば、疑問符(?)がついたYes/Noで答える質問では、語尾が上げて読むようになり、実際の会話でも意識せずともできるようになります。

ピリオドやコンマがある部分では、わずかでも間隔を空けて読むようにすると、抑揚のある聴きやすい英語で発音できます。

オーディオブックで英語力をつける:audible

-英語
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.