英語のアウトプットを上達させるための10のテクニック

英語を上手く話せるようになりたいと思っている人は多いでしょう。

しかしながら、どのようなトレーニングを積めば英語力が上達するのか日々頭を悩ませている人も多いかと思います。

そのような方に「English Live」で紹介されている英語を上手く話せるようになるための10のテクニックを共有いたします。

英語を上達させる10のテクニック

この記事では、フェデリカさんが英語を上達させる10個の具体的なテクニックについて解説してくれています。

ポイント

  • 英語を上手く話せるようになりたい
  • アウトプットの機会がない
  • 英語力の上達を実感したい

という方はぜひ参考にしてみてください。

分解し、組み合わせる

英語を話せるようになるためには、いくつかのことを同時に行えるようになる必要があるとフェデリカ氏は言います。

  1. 正しい単語を知る(選択する)
  2. 正しい文法と構造を組み合わせる
  3. アクセント、リズム、イントネーションなどのサウンド

これらの要素を頭の中で分解し、処理し直してから再び元の正しい文章に組み合わせるという練習が必要になります。

会話から学ぶ

「会話」は他の人と「対話」する方法であり、話す能力だけでなく、正しく聞き取るという能力が必要とのこと。

他の人が会話のテンプレートを使用していたり、特定のフレーズを強調していたりする場合など、日本で同じ概念のことでも異なる表現をすることがあります。

このような表現方法は会話の中からでしか学ぶことはできず、単なる文章からでは読み取れないものばかりです。

このような表現方法を学ぶためには、映画やドラマなどを見るのが効果的です。

ここで注意するべきことは、日本語の字幕は付けずに英語の字幕を付けるということです。日本語の字幕を付けてしまうと、無意識のうちに日本語を読むことに集中してしまうため英語の学習には向きません。

ポイント

  • 英語で聴き
  • 英語で読む

という方法が最も効果があります。

日本では英語字幕付きで見ることができる動画サービスはなかなかありません。

調べた限りだとNetflixHuluは英語字幕で動画が見られるようです。

ボディーランゲージを使う

語学学習においてコミュニケーションではボディーランゲージを使用することが効果的です。

ジェスチャーで言いたいことを表現すると、相手は伝えようとしていることを理解してくれます。

個人的な体験談ですが、日本のコンビニでカップ麺を購入する外国人がレジで精算していて、その人は、そのカップ麺を「箸ですする」ようなジェスチャーをして、「すぐに食べたい」ということを表現していました。

レジにいた店員はそれをすぐに理解し、ポットの方へ案内していました。

これがボディーランゲージの効果です。

言語が通じなくても、ジェスチャーで伝えたいことを表現することは非常に重要です。

歌う

「歌う」ことは、発音スキルを上達させ会話のリズムを練習し、実用的な表現を学ぶのに良い方法だといいます。

YouTubeなどでお気に入り曲を探し、その曲を完璧に歌えるようになるまで練習すると、それだけでも発音がかなり上達します。

大胆になる

英語を上達させるためには、「大胆になる」というマインドが必要だったりします。言語を練習するための新しい機会を探しましょう。

英語で考える

英語で考えるということは、上達するための最も優れた方法であり、いつでもどこでも実行することができます。

自宅で家事、雑用をしながら自分が行っていることを英語で言葉にしてみたり、身の回りにあるものを使って英文を作ってみたりします。

人と会話するのではなく、頭の中でできるトレーニングなので、誰でも簡単に実践できます。

今から始めてみてください!

英語を録音する

自分の声を聴くのが好きではないという場合でも、発音のどこが改善できる知るためには「録音する」というのは良い方法です。

周りの人は、あなたの発音についてわざわざアドバイスしてくれることは少ないでしょう。

良くない部分だけを直すためだけでなく、良い部分を伸ばすためにも効果的な方法です。

上手くなってくると自分に自信がつき、もっともっと練習しようと意欲が湧いてくることでしょう。

日記をつける

一日の終わり、寝る前にその日の出来事を英語で記すようにしましょう。

毎日つづけることで、一年の終わりにはもう一度読み返し、日々の出来事を追体験し、英語の進捗状況も評価することができます。

過去の文章であれば客観的に自分を評価できます。

もっと練習する

語学に関しては「慣れ」が全てです。

英語を学習している人と交流したい場合は、英語のセミナーやコミュニティに参加し、世界を広げてみてはどうでしょう。インターネットの世界では、英語を学習している人が簡単に見つかります。

英語が話せる友人を探す

英語を身に着けたいのであれば、英語を話せる人を見つける必要があるといいます。

必ずしもネイティブスピーカーである必要はありません。英語を母国語として話すよりも外国語として話す人の方が多いため、異なるアクセントを理解することを学びましょう。

以上が英語を上達させるための10のテクニックになります。

すべて実行することは難しいですが、ひとつでも実行すれば着実に英語力の上達が実感できるでしょう。

-英語
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.