ドウェイン・ジョンソンから学ぶ。10の成功原則

ドウェイン・ジョンソンは「ザ・ロック」として有名な俳優であり、プロデューサーであり、プロレスラーでもあります。

多くのハリウッド映画に出演しており、最近ではハリウッドで最も稼いで俳優としても名前が挙がっていました。

 

彼は、マイアミ大学のフットボール選手としてキャリアを始め、その後はレスラーとしても活躍しています。

映画のイメージが強い人からすれば意外な事実ではないでしょうか。

 

2002年に初めて映画業界に関わり、映画「スコーピオンキング」の主役を演じています。特に「Tha Fast And The Furious(ワイルドスピード)」シリーズで有名になりました。

 

勤勉でカリスマ性のあるドウェイン・ジョンソンは誰もが手本にできる男です。

今回は、ドウェイン・ジョンソンの10の成功原則を紹介します。

①カリスマ性

ジョンソンが成功した最も重要な要因は、彼が非常にカリスマ的であったことです。彼はレスラーの時代から自分自身を「偉大な人物」と名乗り、絶対的な自信を持っていました。

 

業界の中で高い地位に就きたいのであれば、自分自身を特別な存在として確立する必要があります。

バラク・オバマ、マーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスク、スティーブ・ジョブズなど、成功した人々には様々な習慣があります。

彼らは毎日同じデザインの服を着ることを好み、他人よりもユニークな存在であることを優先します。

 

スティーブ・ジョブズの製品発表のスピーチを見たことがあるかもしれません。ビジネスでは、製品は一貫性があり同じテーマである必要があります。あなた自身のブランドを作らなければなりません。

②己の欲を知る

ドウェイン・ジョンソンは、幼いころから自分が何になりたいかを明確に分かっていました。それは「他人を楽しませる」ということです。

彼は、チャック・ノリス、ハリソン・フォード、シルベスター・スタローンなどの有名な俳優に憧れていました。映画「インディ・ジョーンズ」を見て、ハリソン・フォードのようになりたかったと語ります。

 

あなたの夢は何ですか?

将来何になりたいですか?

あなたが今何歳であるかは関係ありません。夢を持ち続け、何になりたいかが明確である限り、達成できるチャンスを模索し続けるべきです。

 

俳優のアーノルド・シャワルツネッガーにも同じことが当てはまります。彼が15歳の時、レグ・パーク主演の映画のポスターを見つけました。そしてすぐにレグ・パークのようになりたいと決意したそうです。

 

あなたが人生で何を成し遂げたいのか、叶えたい夢を見つけてください。

将来の成功を左右する重要な過程です。

③仕事にフルコミットする

ジョンソンは、仕事熱心な人物であるとして有名です。彼はインタビューを受けた際に、「午前7時から仕事がある場合は、午前3時に起きていた」と語っています。

仕事開始時間よりも4時間早く起き、筋トレをして仕事に取り掛かります。

加えて、彼は1日平均5時間しか寝ていなかったと語ります。

 

失敗する人と成功する人の差は、このような努力の差といえるでしょう。失敗する人は、寝る時間以外のすべての時間は仕事をする気がなく、早起きする気もありません。

 

1999年に、アリババを設立したジャック・マーは、17人の友人とビジネスのアイデアについて話し合っていました。彼はそれらの友人に「普通の労働環境を期待しているなら、私の会社にはいない方がいい」と語っています。

 

成功には代償が伴います。

成功のために犠牲を惜しんでいるのであれば、望む結果を得ることは難しいでしょう。

④自分らしく

ドウェイン・ジョンソンの人生で最も重要な転機は、彼がレスラーの時でした。彼はいつも観客からブーイングを浴びせられていました、「ザ・ロック」として自分自身に向き合い、自分らしく振舞うようになりました。

 

「楽しめ、自分自身が最強の武器になる」

多くの人は他人の影響を受け、他人の望むものになろうとしています。

無意識のうちにそうなっているかもしれません。一度立ち止まってみてもいいでしょう。自分自身の本心に従って自分らしく生きるべきです。

⑤信仰を持ち、本心に従う

生きていれば、落ち込むこともありますよね。

あなたが経験した苦痛というのは、過去に同じような苦痛を経験している人が必ずいます。あなたが初めてその苦痛を経験するわけではないのです。

 

ジョンソンは、人生の中で困難な壁にぶつかっても、憂鬱を感じても、彼は信仰を守り続けていました。人生で困難に直面するたびに、何か良いことが起こるのではないかと信じていると語りました。

 

彼はサッカーをしていましたが、憂鬱を感じて落ち込んでいたことがありました。彼は自らコーチに電話してチームを離れることを決め、レスラーになるためにサッカーをやめました。

ジョンソンの父はこの判断に反対しましたが、父親に対して「間違った判断かもしれないが、本心ではこれでいいと思う」という話をして、父親はこれを受け入れ、レスラーとしてのキャリアを応援することを決めたそうです。

⑥改善し続ける

ジョンソンから学ばなければならない重要な成功原則は、常に自分自身を改善し続けるということです。

ジョンソンは、大きな筋肉を活かすアクション映画で活躍しています。ですが彼の目標は「素晴らしい俳優になる」というものです。

これが、彼がファミリー映画、コメディ、アクションなどの様々な映画に出演する機会を得られた理由です。彼はもっと俳優の世界を勉強し、より良い俳優になる道を模索し続けていました。

 

成功している多くの人に目を向けてみると、常に自分のスキルや知識を向上させるために努力していることが分かります。

ウォーレン・バフェットのような投資家は、市場を研究し、経済を理解することに非常に熱心に努力しています。バフェットはほとんどの時間を読書に費やしていることを知っていますか?

彼は毎朝新聞を6部も読んで、情報を最新のものにアップデートしたいと語っています。

⑦失敗を恐れない

失敗というのは普通の出来事です。

誰もが人生で直面します。

もしあなたが失敗したことがないというのであれば、それは単に努力していないだけです。

 

スペースXはロケットの打ち上げテストを失敗し、3基のロケットが全て爆発しています。ですがイーロン・マスクは、事業をあきらめたり、落胆したりせず、むしろより改善に意欲を燃やしていました。

どんなに人生のどん底に落ちても、再び立ち上がることができます。失敗する子を恐れてはいけません。

⑧コーチが必要

ドウェイン・ジョンソンは、高校生の時に数回の逮捕を経験しています。

ある日、彼の人生を変えるジョディ・クウィックという人に出会います。彼はサッカーチームのコーチでした。

 

ジョディがいなければ、今の彼はいなかったかもしれません。

あなたが真剣に成功したいと考えているのであれば、コーチやメンターがいることが望ましいでしょう。成功したアスリートにはコーチが、成功した起業家にはメンターがいます。

 

ウォーレン・バフェットは、ベンジャミン・グラハムから学んでいます。どんな人であれ、成長させてくれるコーチが必要なのです。

⑨素晴らしいチームが必要

ドウェイン・ジョンソンは、彼の成功のほとんどを彼の仲間たちと共に共有しています。偉大な人々と一緒にいることで、彼の人生は劇的に変わりました。

 

もし彼が間違った人々に囲まれていれば、過去のように逮捕される人生を送っていたかもしれません。

 

あなたの周りに5人の平均が、あなたのレベルです。

⑩遊び心を持ち、人生を楽しむ

ドウェイン・ジョンソンは偉大なセレブであり、ユーモアがあり、非常に面白い人物です。彼は、どのようにしたら周りの人を楽しませることができるかを考えています。

 

ジョンソンの人気は、彼の面白くて楽しいキャラクターによるものです。それは、億万長者のリチャード・ブランソンが言ったことと同じです。

 

「毎日を楽しむことです」

あれをしなきゃ、これをしなきゃという気持ちでは何もできません。

遊び心を持ち、人生を楽しむべきなのです。

-パーソン
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.