科学に基づいた早く体重を落とす3つの方法

今回はHealthlineで紹介されている「科学に基づいた体重を落とす方法」について紹介します。

How to lose weight Fast : 3 Simple Steps, Based on Science

 

素早く体重を落とす方法はたくさんありますが、最も効果的に最も早く体重を落としたい場合は「断食」がいいでしょう。

しかしながら、健康面を考えると推奨できるものではありません。断食ダイエットについては多くの人が非推奨としています。現実的なダイエット方法ではありません。

 

科学に基づいて素早く体重を落とすためには以下の3つのステップが必要となります。

  • 食欲を落とす
  • 空腹を感じることなく体重を減らす
  • 代謝を改善する

健康的に素早く体重を減らすためには、科学に基づいた方法で痩せるべきです。

 

1.砂糖とでんぷんの摂取を減らす

最も重要なのは、砂糖とでんぷん(炭水化物)の摂取を控えることです。

空腹度が下がり、少量の食事でも満足感をもたらします。

 

なぜ炭水化物の摂取を控えると良いのか?

人間が活動していく上でエネルギーが必要になった時には、まず蓄えられた脂肪から消費し始めます。このときに体内に炭水化物が多いと、脂肪よりも先に消費されてしまいます。

つまり、体内に炭水化物が多い状態だと炭水化物ばかりが消費されて、一向に脂肪が燃焼しないということです。

 

さらに、炭水化物をカットすると食欲が落ち、空腹を感じることなく体重を減らすことができます。炭水化物を多く摂取する人は満腹まで食べてしまうという傾向があります。

「カロリー制限がキツイ...」という方は、炭水化物だけを抑えることから始めてみてはどうでしょうか。

2.タンパク質、脂質、野菜を摂る

食事には、タンパク質、脂質、低炭水化物野菜を含めることが推奨されています。

 

タンパク質の食材

  • :牛肉、鶏肉、豚肉、
  • 魚介類:サーモン、マス、海老、
  • :卵黄入り全卵

 

高タンパク質の食事は、食欲を減らし、深夜の間食などを抑えることができます。食事にタンパク質を追加するだけで1日当たりの摂取カロリーを441カロリー減らすことができるようです。

体重を減らすことが目的の場合は、タンパク質が鍵になります。

低炭水化物野菜

  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ほうれん草
  • トマト
  • キャベツ
  • レタス
  • きゅうり

 

食事には、これらの野菜を取り入れるようにしましょう。肉と野菜に基づく食事には、健康に必要なすべての繊維、ビタミン、ミネラルが含まれています。

 

脂質源

  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル
  • アボカド油
  • バター

 

脂質を摂ることは必要です。

ですが、炭水化物と脂質を同時に摂取することは控えるべきです。これまでのダイエット計画が失敗してしまいます。

 

3.筋トレをする

体重を減らすことが目的の場合は、運動は必須ではありませんが、推奨されています。

週に3回ほど筋トレをして、運動をしてください。

ジムを初めて利用する場合にはトレーナーにアドバイスを求めると良いでしょう。

 

筋トレをすることで、大量のカロリーを消費し、代謝が低下することを防ぎます。食事だけを控えるダイエットでは、体重を落としつつ筋肉を失うことにもなります。

そのため、適度な筋トレをすることが推奨されているのです。

 

筋トレでなくても、ウォーキング、ジョギング、ランニング、サイクリングなどの有酸素運動を行うだけでも十分な効果があります。

 

以上が科学的に早く体重を落とす3つの方法です。

体重を減らす上で重要なことは「炭水化物を控えること」のようです。

-ライフ
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.