【楽天UNLIMITにMNPで申し込んでみた】必要な準備と注意点について解説

楽天モバイルは現在1年間のスマホ利用料2,980円を先着300万名に限り無料にするというキャンペーンを実施しており、スマホ料金約4万円を無料にできるボーナスタイム中です。急ピッチで基地局の増設が進められており、無制限で高速データ通信が可能な楽天回線エリアも拡大しています。

私も1年間無料になる今回のキャンペーンを逃すまいと、楽天モバイルに申し込むことにしました。2020年6月30日で100万回線を突破しているため、1年間無料で利用できる枠は着々と少なくなっています。

スマホの利用料金が1年間無料になるという理由だけで申し込んだわけではありません。

楽天モバイルを利用すると、楽天市場での買い物の際にSPUポイントが+1倍になります。楽天サービスをよく使っている方であれば、SPUポイント+1倍のインパクトがお分かりでしょう。

今のところSPUポイント8倍ですが、楽天モバイルを利用することで+9倍になります。楽天市場で1万円の買い物をすれば900円分のSPUポイントが付与されることになります。さらにこのポイントは携帯料金の支払いに使用することもできるため、ポイントを使う機会がなかった場合でも無駄になりません。

楽天モバイルを使い始める機会に、楽天が提供するあらゆるサービスを使ったポイント節約をしてみてはいかがでしょうか。

乗り換え前の契約先でMNP予約番号を取得

楽天モバイルに乗り換えるにあたり、現在使用している携帯の電話番号をそのまま引き継ぐため、MNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号とは、乗り換え先でも現在の電話番号をそのまま使用したいという場合に、契約先のキャリアから発行してもらう10桁の数字のことです。乗り換え先キャリアでの契約時にMNP予約番号を伝えることで電話番号が変わることなく引き継ぐことができます。

電話番号は、スマホ本体ではなくSIMカードに記録されており、乗り換え先キャリアのSIMカードを差し込んで利用し始めると、これまで利用していた乗り換え前のキャリアは自動的に解約されます。解約したキャリアのSIMカードは破棄するか・返却するか対応が異なりますが、破棄する場合はハサミなどで切断すると良いでしょう。

MNP予約番号の取得方法はキャリアによって異なりますので、契約している各キャリアの公式サイトを参考にしましょう。

注意点1. 楽天モバイルに申し込むときはスマホから!

楽天モバイルはパソコンのWebサイトから申し込むことができますが、可能であればスマホから行うことをおすすめします。

というのも、本人確認書類を写真として撮影して送信するという選択肢があるため、その際にスマホから申し込んでいればすぐにカメラを起動してファイルをアップロードすることができるからです。パソコンから申し込んでいた場合、画像を取り込む手間が発生してしまい、画像ファイルが大きすぎて送信できないということもあります。

スマホで撮影すれば画像サイズもちょうどよく保存されるため、画像をそのままアップロード可能です。

注意点2. 楽天回線エリアはまだまだ狭い

楽天回線エリアであれば、高速データ通信を無制限に利用することができます。エリア内で利用している限り通信制限に悩まされることはないでしょう。

しかしながら、肝心の楽天回線エリアはまだまだ狭く、都市圏を除くほとんどのエリアではパートナー回線エリアで利用することになります。パートナー回線エリアの場合は、データ容量5GB/月、超過後は最大1Mbpsで使い放題になります。

Wi-Fiなどでインターネット利用ができない場合は、スマホの利用状況を事前に確認し、現在のキャリアと比較してから乗り換えるようにしましょう。

実際に楽天モバイルに申し込む

実際にスマホの画面を用いて申し込み手順を解説します。基本的には画面に沿って進めていくだけなので、特に難しいことはありません。

※MNP乗り換えによる手順の解説になります

✔︎まずは楽天モバイルにアクセスし、「新規/MNPお申し込み」を選択。

✔︎Rakuten UN-LIMITの「プランを選択する」

Rakuten UN-LIMIT

  • プラン料金1年間無料(先着300万名)
  • 楽天回線エリア 高速で完全データ使い放題
  • 国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)

✔︎SIMカードタイプを選択します。

今回はiPhoneでの利用なので「nanoSIM」になっています。利用する端末がどのタイプのSIMカードに対応しているかは事前に確認しておきましょう。

✔︎楽天UN-LIMIT申し込みと同時に端末を申し込む場合は、「製品選択へ進む」へ。

先着300万名に限りスマホ利用料は1年間無料になりますが、最初の申し込み時には事務手数料3,300円(税込)がかかります。

✔︎申し込み内容に間違いがなければ「この内容で申し込む」を選択

✔︎お申し込み内容に間違いがないか確認し「次へ進む」を選択。

後ほどカメラで本人確認書類を撮影して送信しますが、お申し込み内容に回線が含まれる場合はその書類と一致しなければならないため、間違いがないか確認しましょう。

職業欄がありますが、MNP乗り換えで職業を入力する必要はありませんでした。

✔︎本人確認書類の提出では

  • 本人確認書類画像をアップロード
  • お届け時に自宅で確認

のどちらかを選択できます。

「お届け時に自宅で確認」を選択すると、SIMカードや端末が届いた時に配達員に写真付き書類を提示しなければなりません。

配達員に個人情報を知られたくない受け取り時に手間をかけたくないという方は「本人確認書類画像をアップロード」を選択しましょう。

✔︎他社からの乗り換え(MNP)新規電話番号を取得か選択。

以降はMNPの画面を用いて解説します。

  • 電話番号
  • 10桁のMNP予約番号
  • MNP予約番号の有効期限

を入力します。

MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている予約番号を入力しなければなりませんMNP予約番号には15日間の有効期限があるため、取得後5日以内に申し込む必要があります

有効期限が10日以上残っていなければならない理由は謎ですが、取得後すぐに申し込みができるように準備しておきましょう。

✔︎お届け方法を選択

  • お届け希望日
  • お届け希望時間
  • 連絡可能な電話番号

を入力し「申し込む」を選択

✔︎支払い方法を入力します。

支払いにポイントを利用する場合は

  • 全て使う
  • 一部使う
  • 利用しない

から選択し、利用する場合はいくら分のポイントを利用するか入力します。

申し込み完了!

申し込みが完了すると登録しているアドレス宛にメールが送られてきます。

楽天のアカウントを作っておくと、楽天が提供するサービスと連携しメールアドレスや住所の入力が省略されるため楽天モバイルに申し込む際に登録しておくと良いでしょう。

-楽天
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.