楽天銀行デビットカード(Mastercard)を作ってキャッシュレス生活を始めました

  • 現金を持ち歩きたくない
  • レジでのお金のやりとりが面倒

などの理由から、これまでキャッシュレスへの移行を試みていましたが、何度も挫折してきました。最近はスマホ決済に対応する店舗が増えてきており、現金よりはラクことは間違いないでしょうが、それでも決済の度にスマホを起動してアプリを立ち上げて、画面を店員に見せるという一連の流れが億劫になっていました。

決済方法についていろいろ悩んだ結果、カードでの決済という一つの答えにたどり着きました。特にVISA、Mastercardであれば身近なスーパーやコンビニでも使えるため、そもそもカード決済に対応していないということもほとんどありません。

そして、決済に利用するカードをポイントを貯めやすい楽天カードにします。私が使っているのは月1回まとめて引き落とされるクレジットカードではなく、口座から即時に支払われるデビットカードを使っています。

楽天銀行アプリから、口座残高や貯まったポイントをいつでも確認できるため、支払い状況を可視化できるデビットカードがおすすめです。100円につき1ポイントが貯まるので現金払いをする理由がありません。

楽天銀行デビットカードの特徴

楽天銀行デビットカードの特徴を紹介します。

ポイント還元率1%

買い物の時はMastercardが対応している店舗であれば必ずデビットカードを使うようにしています。カードを発行してからは一度も現金を使わずに日常生活を送れています。おそらくカード払いに対応していないお店には入らないようになっていくのでしょう。現金離れが進むのも納得です。

貯めたポイントは100ポイント1円として、楽天市場でのポイント払いや楽天証券のポイント投資に使い回すことができ、無駄なくポイントを消費することができます。実際の店舗でも使えて、ネット通販やその他のサービスでも使えるポイントが貯まるのが楽天銀行デビットカードの魅力の一つです。

口座から即時払い

楽天銀行デビットカードを使うと、使ったその場で口座から引き落とされます。いくら使って・どのくらいのポイントが貯まるのかは登録しているメールアドレス宛に送信されるため、すぐさま確認可能です。

クレジットカードのように使いすぎる心配がなく、家計管理の際にもアプリから利用明細をチェックできるため便利です。

-楽天
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.