楽天モバイル公式ページで楽天回線通信エリアを確認する時の注意点

楽天モバイル は、月額プラン料金2,980円(税別)が1年間無料になるキャンペーン中です。1年間無料になるのは先着300万名が対象のため、楽天モバイルへの乗り換えを検討している方はお早めに。ネットから新規/MNP申し込みが可能です。

楽天UN-LIMIT2.0

  • 高速で完全データ使い放題(楽天回線エリア)
  • データ容量5GB//月、超過後は最大1Mbpsで使い放題(パートナー回線エリア)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話使い放題

楽天回線エリアを確認する時の注意点

お住まいの地域が楽天回線エリアに対応しているかどうかは、楽天モバイルの公式サイトで確認できますが注意すべき点があります。

楽天モバイル - 通信・エリア

楽天モバイル対応エリア

楽天回線エリアは濃いピンク色、パートナー回線エリアは薄いピンク色で色分けされていますが、この色分けが非常に分かりづらくなっています。

ぱっと見ではどこが楽天回線エリア対応なのかが分かりにくいので、拡大して確認しなければなりません。

楽天回線エリア

上記画像では、関東圏内のほとんどのエリアがピンク色で対応しているように見えるかもしれません。

ですが、実際には東京近辺の限られたエリアにしか対応していません。

楽天回線対応エリア

楽天回線エリアかパートナー回線エリアかは、この微妙な色分けを識別しなければなりません。

楽天回線エリアは、現状都市圏のわずかなエリアに限られていますが、これから通信基地局が増設することが決まっているので、対応エリアも拡大していくでしょう。楽天回線エリア以外のエリアでは、楽天UNLIMITのメリットを最大限実感できないので、エリアの拡大を期待したいところです。

関連記事

-楽天
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.