【WordPress推奨】ウェブサイトのアクセスを増やすための初心者向けSEO対策チェックリスト

ウェブサイトへのアクセスを増やすためには、「検索エンジン最適化(Search Engine Oprimization)」、SEO対策が重要になります。

SEO対策をすることで、検索上位に表示され、検索流入を増やすことができます。

ですが、SEO対策には複雑な手法が数多く存在し、全てを網羅することは難しいです。とくにウェブ開発の知識などの専門知識がなければ、より高度な施策を施すことはできません。

 

ですが、SEO初心者の方からすれば何をすればいいやらさっぱりわかりません。

 

そこで今回は、WordPressが推奨するSEO対策を紹介します。

 

SEO対策には、

  • ページSEO
  • サイトSEO

の2種類があります。

 

ページSEOは、単一のページごとの検索エンジン最適化で、サイトSEOはウェブサイト全体の最適化になります。

 

ページSEO

ページSEOは、リンクに基づいています。リンクは単一ページのSEO対策に効果的です。SEOの専門家は、まずページのSEO対策から始めることを推奨しています。リンクの構築などは、初心者でも比較的取り組みやすいので、全てのページでリンクの構築を行うようにしましょう。

 

サイトSEO 

サイトSEOは、複雑な要素が関連しているため高度な専門知識が求められます。検索キーワード、リンク、コンテンツ、モバイルユーザビリティ、表示速度などの多くの要素の総合評価で、検索順位が決定します。

 

専門的な知識がない人からすれば、サイトのソースコードなどをいじったりするのはかなりハードルが高いですよね。そこで今回は、初心者でも取り組みやすいSEO対策のチェックリストを紹介します。

Googleの検索エンジン最適化としてよく知られている手法ですので、ぜひ取り組んでみてください。

設定とセキュリティ対策

SEO対策プラグインのインストール

SEO対策プラグインは、サイトを検索エンジン向けに自動で最適化してくれます。

 

この2つのどちらかのプラグインがあれば十分でしょう。

Google Analytics

Google Analyticsは、ウェブサイトのトラフィックや検索キーワードを調べるために効果的です。

 

  • よく見られているページ
  • ユーザーの動向
  • 直帰率
  • セッション継続時間

などのデータを視覚的に確認できるため、ウェブサイトの構築を専門的な視点からサポートしてくれます。

Google Search Console

Search Consoleは、ウェブサイトのインデックスや全てのページのリアルタイムの情報を表示します。

 

  • 検索されたキーワード
  • 問題のあるページ

などを検出してくれるため、ウェブサイトを良い状態に保つために不可欠なツールです。

SSL証明書

SSLは、サイトの安全性を確保するものであり、検索順位、セキュリティなどの面で多くのメリットがあります。ウェブサイトが安全であることを証明するためにもウェブサイトをhttpsに対応させておきましょう。

サイトの安全性が証明できないと、多くのユーザーはそのサイトから離脱してしまいます。

SNS共有ボタン

ウェブページには、SNSで拡散するためのリンクを配置するべきです。検索順位には関係ありませんが、ページが拡散されると、より多くのユーザーがアクセスしてくれる可能性が高まります。

特に、twitter、Facebookのリンクが効果的です。

 

バックアップ

ウェブサイトを安全に保持するためには、バックアップを取る必要があります。スパム攻撃や、サーバーダウンなどのトラブルがあったとき、バックアップを取っていない場合サイトを復元できない可能性があります。

Robots.txt

robots.txtを実装して、検索エンジンがウェブサイトのインデックス登録とクロールを行えるようにし、さらにsitemapでウェブサイトの情報を送信するようにしましょう。

キーワード

競合調査

競合他社のリバースエンジニアリング調査を行い、SEO対策と検索キーワードを把握しましょう。すでに検索上位に表示されるサイトを超えるクオリティでなければ、上位に表示されることは難しいでしょう。

キーワード調査

ページがどのような検索キーワードで検索されて、上位表示を狙っているのか事前にリサーチ、なるだけ強豪の少ないキーワードを狙ってサイトを構築するようにしましょう。

 

などのツールで検索キーワードを調べることができます。

ネタタグ(タイトルと説明)

ネタタグは、キーワードのランキングに不可欠な要素です。タイトルの長さは、10~70文字、説明は150~160文字程度が推奨されています。

説明は、ページの大まかな概要について短く分かりやすくまとめるようにしましょう。

ヘッダーの最適化

ヘッダータグの最適化やh1タグを追加すると、検索エンジンでのランキングが向上します。h1タグは、ページで1つのみ利用することができます。

画像の最適化

ウェブサイトに使用する画像は最適化して、altタグとtitleタグを設定されていることを確認してください。

コンテンツ

コンテンツ最適化

ページのコンテンツは、文法ミスやスペルミスが無いように注意しましょう。Googleの上位10件に表示されるページの平均コンテンツは、平均,2000単語ほどです。

コンテンツの重複

サイトのコンテンツは重複しないようにしてください。また、他のウェブサイトでも複製されないようにしてください。

 

リンク

リンク構造

URLの構造は、SEOにとっても重要です。検索エンジンに最適化されたURLはCTRに影響します。URLには、アンダースコアではなく、ハイフンをしようするようにしてください。

アクセシビリティ

ウェブページの速度

Page Speed InsightsGTmetrixでページの速度を測定してみてください。

URLを入力するだけで簡単に測定することができます。PCよりもスマホでアクセスするユーザーが増えていることから、ページの読み込み速度は検索順位に大きく影響します。

モバイルレンダリング

web全体のトラフィックの約60%はモバイルデバイスからのものです。サイトをモバイルフレンドリーにし、優れたユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。

モバイルフレンドリーテストで、サイトがモバイルデバイスに優しい設計になっているか確認しましょう。

サイトのSEO対策を怠ると、多くのアクセス数が見込めないので、しっかりとした対策が必要になります。

 

WordPressおすすめプラグイン8選!

-SEO, WordPress
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.