株式市場暴落か!?ウォーレンバフェットの最新予測

世界一の投資家であるウォーレンバフェットは、株式市場が暴落すると予測しているようです。

Billionaire Warren Buffett Is Predicting a Stock Market Crash; Is He Right?

米オマハのバークシャーハサウェイは、6月末に有価証券の60%を売却しました。(SECファイリング調べ)

売却額はおよそ1220億ドルに相当し、「これだけの株式を売却することはバフェットにとって非常に珍しいことだ」とのことです。

 

本当に株式市場は暴落するのか?

バークシャー・ハサウェイには資産の多くのが現金として保管されているため、株式市場の暴落が近づいているのではないかと疑問を抱いているようです。

ウォーレン・バフェットは、2008年には市場暴落を予測し、余分な現金を蓄えていました。

今回もバフェットの予測が当たるのでしょうか...。

バフェットは、GDPと比較した時価総額を見ることで株式市場の将来を予測します。

 

一方で、バフェットの判断に疑問を投げかける人もいます。

バークシャー・ハサウェイのリターンは過去5年間でダウ、ナスダック、S&P500を下回っているためです。

 

しかしながら、バフェットの指標以外にも売りが近づいていることを示唆する他の要因があります。

その1つに連邦準備制度の利下げがあります。過去2回の会議で金利を下げており、今後の会議でさらに安くなるとされています。米国の中央銀行は、今後3か月間は利下げを計画していないとしていますが、さらなる利下げが発表されれば株式市場にも影響されるでしょう。

 

貿易戦争の影響

これらの背景には、中国とヨーロッパの両方との貿易戦争の影響があるようです。どちらに関しても解決への進展がないことは、米国経済を著しく悪化させ、長期にわたる株式市場の下落を引き起こす可能性があります。

 

-パーソン

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.