なぜあなたは経済的に苦しいのか?金持ちが実践している3つの習慣

「なぜあなたは経済的に苦しいのか」

その原因はあなたが実践している習慣と裕福な人が実践している習慣に決定的な差があるからです。裕福な人はなるべくして裕福になっているのです。

Dan Lokさんが裕福な人々が実践している3つの習慣を解説しています。

「The Best Habits Of Rich People」

「なぜあなたが経済的に苦しい生活をしているのか」、「なぜ給料日前にはお金がなくて困っているのか」その理由は、あなたが貧しい人々が行う習慣を実践してしまっているからです。裕福な人々は、貧しい人とは全く異なる習慣を持っているとDan Lokさんは語ります。裕福な人々の習慣を実践することで、裕福な生活への道が開けるかもしれません。果たしてそんなに簡単なものなのでしょうか。

裕福な人はお金を数える

裕福な人はお金を数えます。貧しい人はお金を数えません。

給料を受け取ると、お金を預金し、お金を使います。何にどのくらいの費用を費やしているか計算していません。貧しい人々には仕事があり、税金を支払う時には「なるほど。わかりました。これが私の支払うべき税金です。」そして多くの人は、年に一度しかこれらの数字を見ていません。

ですが裕福な人は、定期的に数字を見返して、計算し自分の経済状況を常に把握しています。毎日自分の口座を確認し、何にどのくらいをお金を使い、お金の流れを細かく認識しているのです。定期的にお金を数え、収益がどこから入ってきたのか、改善されているのか、業績指標は何か、これら全ての”数字”を”定期的”に確認することが裕福な人の習慣です。

自分自身にお金を使う

”自分自身にお金を使う”とはどういうことか。自分で車を買ったり、もちろんですが贅沢な食事をするということではありません。休みをとるということでもありません。サブスクリプションサービスなどのエンタメにお金を使うことでもありません。これらは全て他人のためにお金を支払っています。車を買うときは自動車メーカーにお金を使い、家を買う時には銀行にお金を払い、旅行する時には旅行代理店・ホテル・飛行機などにお金を支払います。

消費ではなく、自分自身に投資することが重要です。必ずしも質素な生活をしなければならないという意味ではありません。

入ってきた収入を貯金し、投資に回すという習慣が必要です。「バビロンの大富豪」では収入の10%を貯金する必要性について書かれています。10%を貯金したら、10%は自分に投資すべきなのです。収入が増えるにしたがって自己投資の金額も増えていくべきなのです。これが第2の習慣です。

収益を上げることを常に考える

裕福な人は収益を上げるためにはどうすれば良いかを常に考えています。「市場に対してより良い価値を提供するにはどうすればよいか」を常に考えています。そのため、裕福な人はさらにお金を稼ぎ、さらに裕福になっていくのです。もしあなたの収入が横ばいであるなら、それはあなたが何も学んでおらず、向上心を持たず、考えていないことを意味します。停滞は後退と同じです。収入を増やしていくためには、毎年改善するための努力をしなければならないのです。「稼ぐ能力」を鍛えなければならないのです。

さらに裕福な人は、レバレッジを効かせることができる領域を常に探しています。レバレッジとは、より少ない投資でより多くのお金を稼ぐことを意味します。そして最も効果のあるレバレッジは学習に投資することなのです。より多くの知恵や戦略を合わせ持ち、自分の仕事を改善し続けることができます。

「レバレッジはどこにあるか探し続けること」これが裕福な人が持つ3つ目の習慣です。

以上が裕福な人が実践している3つの習慣です。実践すること自体はさほど難しそうな印象は受けません。貧しい人と、裕福な人、その決定的な差は「必ず成功する!」「お金を稼ぐ!」などの素質とも言うべきマインドこそが重要なのではないでしょうか。

私は世の中には5種類の人間がいると思います。

①知ろうとする人

②知ってて行動する人

③知ってても行動しない人

④知らない人

⑤知ろうともしない人

私はいつも①、②を兼ね備えた人間でありたいと思っています。このページにたどり着いあなたであれば、きっと高い成果を上げること間違いないでしょう。

 

-お金
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.