タイピング練習ができるwebサイト「寿司打」で高速ブラインドタッチを身につけられる

今回は、タイピングの練習ができるwebサイト「寿司打」を紹介します。

ずっと”すしうち”と読んでいましたが、どうやら”すしだ”と読むようです。

  • タイピングが苦手な方
  • ブラインドタッチを身につけたい方

は練習してみてください。

以前はFlash対応でしたが、今はWebGL版で遊ぶことができます。

「寿司打」をやってみた

実際に寿司打をやっているところをYouTubeにアップしています。

※録画ミスで音声環境が悪くなっています。

皿が流れてくるため、画面外に流れるまでに文章を打つという単純なタイピングゲームです。

タイピングできた皿の数が多いほどスコアも高くなります。全国ランキングもあるため、自分がどの位置にいるかも把握できます。

ミスなくタイピングできると時間が追加されるため、いかにミスせずタイピングできるかというのが、上位に食い込むコツになります。

ブラインドタッチを身につけよう

私は3年ほど、暇さえあればこのサイトでタイピングの練習をしてきました。今では、キーボードを見ずに文字を打てるようになり、いわゆるブラインドタッチをマスターしました。

それでも、そこまで速度が速いわけではなく、打ち間違いをすることもよくあります。

それでもブラインドタッチをマスターすることで、得られるメリットはたくさんあります。

 

ブライドタッチをマスターすることで得られるメリット

キーボードが変わっても、問題なくタイピングが可能です。普段使用しているキーボードが変わってしまうと、途端にタイピングが遅くなってしまうということはないでしょうか。

ブラインドタッチをマスターしていれば、このようなことがなくなります。

キーボードのボタン配置やキーの大きさに微妙に差があるものの、そもそもキーボードを見ることがないため、何の影響もありません。

 

そして、ブラインドタッチをマスターすることの最大のメリットは、タイピング速度が格段に早くなることです。これまでは、キーボードと画面を交互に往復しなければなりませんでしたが、画面に集中すればいいだけになります。

 

タイピングが高速化し、作業効率も格段に上がります。

 

タイピングは慣れなので、ひたすら練習していくしかありません。練習段階からなるべくキーボードを見ないことが、ブラインドタッチ習得のコツです。ずっとキーボードを見てタイピングし続ける限り、永遠にブラインドタッチを身につけることはできません。

 

最初はどうしてもミスが多くなるため、継続のモチベーションを保ち続けることが難しいかもしれません。

私も1回の練習で、最大でもお勧めコースを3回するくらいでした。

長時間練習する必要はありません。

暇を見つけてこまめに練習しましょう。

-WEB, Work
-, ,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.