コンバージョン率の高いランディングページの構造とは?コンバージョン率最適化のための6つのヒント

コンバージョン率の高いランディングページには特徴があります。

ランディングページを見て、コンバージョン率が低いだろうなぁと思うウェブサイトを度々見かけます。

逆に、コンバージョン率高そうだなぁと思うサイトも数多くあります。

商品やサービスを売りたいときに、コンバージョン率を高めるランディングページの構造について解説します。

ランディングページを作成しているWeb制作者や、これからランディングページを作ろうとしている方に目を通していただきたいヒントを紹介します。

コンバージョン率の高いランディングページの構造

ランディングページのコンバージョン率を高めるためには、いくつかのコツがあります。コツというよりもむしろ、ランディングページを作るのであれば、必ず抑えておいて欲しいポイントです。

このポイントを抑えておくだけで、ランディングページのコンバージョン率は向上するでしょう。

それでは解説していきます。

価値提案をヘッダーに明記する

これには2つのポイントがあります。

1つ目は、そのままの意味ですが、ランディングページの価値をヘッダーに明記することです。

これは、非常に重要なポイントです。必ず商品やサービスの価値をユーザーに簡潔に伝えるようにしましょう。なるべく短く、価値を伝えるべきです。

多くのランディングページでは、ページ内のどこか(探せば見つかるような場所)で商品やサービスの価値を述べています。

しかし、残念なことに、人間の注意範囲は金魚よりも短いのです。

つまり、ヘッダーでページ訪問者の興味を引くことができない場合、そのランディングページは読まれることはないでしょう。当然、コンバージョンもあり得ません。

10人がページに訪問した場合、8人がヘッダーを読みますが、ページの残りの部分を読むのは10人のうち2人にすぎません。

ユーザーにとってヘッダーは、

  • そのままページを読み進めるか
  • ページを読まずに離脱するか

を決める重要な要素なのです。

中身を読んでもらえずに、ヘッダーが原因でユーザーを逃してしまうのは、非常に勿体無いですよね。

ヘッダーで魅力的な価値提案を明記し、ユーザーを惹きつけることができれば、ページを読んでもらえます。

ランディングページでは、誰もが異なる価値提案をしていますので、ヘッダーで訪問者を引き留めることができるような、大胆なものにするべきです。

これがヘッダーに関する1つ目のヒントです。

2つ目は、ヘッダーの文章を最適化するということです。

簡潔に説明すると、ヘッダーは最大で7、8個の単語で文章が構成されていますが、理想的には、6単語程度で、もっと良い文章が作れるということです。

ユーザーにページを読み進めてもらうためには、出来るだけ短いヘッダーにするべきです。長すぎるヘッダーの場合、ユーザーを失うことになるかもしれません。あくまでも、商品の魅力を端的に表す1フレーズを明記するようにしましょう。

視覚的なフォーカスを取り入れる

2つ目は、視覚的な要素を取り入れるということです。

ヘッダー画像、製品画像、動画、様々な視覚的な要素をページ内に取り入れることで、ユーザーの注意を引くことができます。

ヘッダーで訪問者の興味を引くことができれば、その後もページを読み進めてもらうように工夫する必要があります。

ページが、テキストのみで構成されており、画像や動画など視覚的な変化がない場合、ユーザーにとっては、読み進めるのがしんどくなりますよね。

コンバージョン率もテキストだけのページでは、それほど良くないでしょう。

ページに視覚的な変化を加えて、品質の高いものにすれば、コンバージョンは改善されます。

機能とメリットについて説明する

3つ目は、ランディングページで紹介する商品やサービスの機能とメリットについて説明することです。

機能を紹介するのはもちろんですが、購入することによるメリットを分かりやすく伝えることに集中する必要があります。メリットについて説明するためには、機能を説明しなければならないので、ページに機能や性能を記載しているということを忘れてはいけません。ユーザーにとって重要なのは、購入することによるメリットの方なのです。

 

人々は、商品やサービスの機能のために購入するのではなく、購入することによるメリットを考えて購入します。

メリットとは、問題の解決を意味します。

時間の節約やお金の節約などが問題解決です。ページに「購入することによるメリット」が明記されていない場合、ランディングページは思ったほどうまく機能しないかもしれません。

まずは、ユーザーが直面している問題が何なのかを見つけることから初めてください。紹介する商品やサービスが問題を解決できるものであるものならば、コンバージョン率も上がっていきます。

ユーザー目線であり続けることを忘れないようにしてください。

一貫性のあるページにする

4つ目は、ページに一貫性があり、ユーザーに焦点を絞った行動を促すことです。

ウェブサイトでは、ページに他サイトへのリンクを貼り付けることで、ユーザーに自由に行動を促すことができます。

しかし、ランディングページの場合、この方法はあまりうまくいかないでしょう。

ランディングページの目的は、あくまでも商品やサービスを売ることです

ヘッダーや画像、動画を使い、解決策について説明し、「この商品を購入することで〜なメリットがありますよ」ということを強調することで、買うべき理由を理解してもらいます。そして、ユーザーに行動を促すという一貫性のあるページでなければなりません。

  • 「詳細はコチラ」
  • 「リンクをクリック」

などの文言で、ユーザーが離脱してしまった場合、コンバージョン率はかなり低くなります。ランディングページの目的は、多くの人を集めることではありません。あくまでも、商品やサービスを購入してもらうことです。

そのため、クリック数はそこまで多くないかもしれませんが、これらのランディングページにアクセスする全てのユーザーがコンバージョンを達成できれば、結果として良い成果があげられる可能性があります。

レビューやその他の保証を含める

5つ目は、レビューや保証を含めることです。人は、サービスであろうと商品であろうと、それについてレビューをするのが好きなのです。

レビューは素晴らしいものだと思います。なぜなら、すでに商品を購入した人々がその商品について教えてくれるからです。

その商品が、良いのか悪いのか、買ってよかったかなど。

これらのレビューは、実際に購入した人の事実として紹介することができます。注意しなければならないのは、レビューを載せる場合、良い評価が得られれば売れやすくなりますが、悪い評価の場合は売れにくくなるということです。

 

もう一つは、保証を与えることです。

具体的に説明すると、

  • クレジットカードの登録なしで無料トライアルができる
  • 30日間の返金保証がついている

このような感じです。これらはユーザーにとってはありがたいものです。

 

購入した後に、「不良品だった」という場合には、返金する必要があります。そうしなければ、ブランドを傷つけることになるからです。商品を売る側も完璧ではありません。日々苦情を受けながら戦っています。

このような苦情を減らしていくために、売り手にとっても買い手にとっても保証が重要なのです。

 

サービスの場合は、無料トライアル期間を設定し、その期間は無料でサービスを体験できるようにします。サービスを体験する敷居が低くなると、より多くの人にサービスを知ってもらえるため、結果的に多くの人に購入してもらうことができます。

ストーリーテリングをランディングページに統合する

6つ目は、ストーリーテリングをランディングページに統合することです。

 

ストーリーテリングとは

ストーリーテリングとは、伝えたい思いやコンセプトをそれを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの物語を引用することで、聞き手に強く印象付ける方法です。

>>「ストーリーテリング」- コトバンク

 

ランディングページで商品を売る場合、ストーリーテリングをうまく使わなければ、コンバージョン率も上がりません。

人は、ストーリー性のある体験談やエピソードは聴きやすいため、文章であっても最後まで読んでくれることが多いです。ストーリーテリングには、感情の浮き沈みで人々を魅了することができるという効果があります。

 

この手法は、どんなランディングページでも使用する必要があります。ストーリーテリングがどのようなものなのかランディングページを集めたサイトで見てみることをオススメします。

 

まとめ

以上が、ランディングページでコンバージョン率を上げるための6つのヒントになります。可能であれば、6つ全てのコツを試してみて、コンバージョン率の変化を確かめて欲しいです。

1つでも欠けると、見込み客を逃してしまうことになり、ユーザーは良い商品を逃してしまうことになります。双方のためにも、工夫したランディングページを作るようにしましょう。

少しでも参考になれば幸いです。最後まで目を通していただきありがとうございました。

-マーケティング
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.