【YouTube】自分だけの非公開再生リストを作成する手順と便利な使い方

YouTubeではお気に入りの動画をリストに追加し、自分だけの非公開再生リスト作成することができます。

スマホ・ブラウザどちらからも作成可能ですが、使い方によってはブラウザ版YouTubeの方が便利な場合があります。

今回はスマホ・ブラウザ両方の画面を用いて再生リストを作成する手順を紹介します。

再生リストの公開設定

再生リストには3種類のプライバシー設定があります。

  • 公開(誰でも検索と視聴が可能)
  • 限定公開(リンクを知っている人が視聴可能)
  • 非公開(本人のみ視聴可能)

プライバシー設定を非公開にしておくことで、自分だけが視聴可能な非公開再生リストにすることができます。

「公開」にしておくと再生リストが検索結果に表示され、作成者のアカウントも閲覧可能になります。見られたくない場合は忘れずに非公開に設定しておきましょう。

再生リストの作り方(スマホアプリ版)

再生リストは動画の再生画面から作成可能です。

1)動画タイトルの下にある「保存」を選択します。

YouTube-新しいプレイリスト

2)新しく再生リストを作成する場合は「新しいプレイリスト」を選択します。

ここではすでに作成されている再生リストが表示されます。

3)作成する再生リストの名前を入力し「作成」を選択します。

デフォルトでは「非公開」になっていますが変更することも可能です。

作成した再生リストはライブラリから確認できます。

YouTube-再生リスト

作成した再生リストがライブラリにまとめて表示されます。

再生リストの作り方(ブラウザ版)

ブラウザ版YouTubeでも基本的には同じ手順で再生リストを作成します。

再生リスト-pc

1)動画再生画面の「保存」を選択します。

pc-再生リスト

2)「新しい再生リストを作成」を選択します。

pc-再生リストの名前

3)再生リストの名前を入力し「作成」を選択すれば完了です。

youtube-playlist

自分のチャンネルページから作成した再生リストを確認することができます。

ブラウザ版YouTubeの場合は、YouTube Studioから再生リストの編集が可能になります。

再生リストの名前を変えたり、削除したりする場合に便利です。

ブラウザYouTubeの便利な機能

アプリ・ブラウザの両方で再生リストを作成する手順を紹介しましたが、1つのチャンネル内で複数の動画を再生リストに追加する場合はブラウザの方が便利です。

ブラウザ版YouTubeではチャンネル内検索が可能なため、キーワードで検索して再生リストに追加したい動画を見つけることができます。

スマホアプリでもできると便利な機能ですがまだ実装されていないようです。

関連記事

-YouTube
-

Copyright© Findia , 2021 All Rights Reserved.