【30秒で出来る!】YouTubeの動画をWebサイトに埋め込む方法を解説【PC版】

この記事では、YouTubeの動画をWebサイトに埋め込む方法について解説します。

動画を埋め込むことで記事の補足情報として役に立ち、読む人にも分かりやすくなるという効果もあります。

手順さえ分かっていれば、30秒ほどで出来てしまうので覚えておくと良いでしょう。今回はPC画面で解説します

また、ここで解説されている方法は2020年6月時点のものです。今後YouTube側のアップデートで埋め込み方法が変わる可能性もあります。

YouTubeの動画をWebサイトに埋め込む方法

埋め込みとリンクは別物

YouTubeは動画を直接Webサイトに埋め込むことが出来ますが、いわゆる「リンクを貼る」とは異なります。リンクを貼って読者がそのリンクをクリックすると、リンク先のページへ移動します。

(※PlayStationの動画が再生されます)

リンク

PS5-The Future of Gaming(https://youtu.be/15-7tBKVPBA)

上記リンクに移動すると、YouTubeが開き貼り付けたリンク先の動画ページへ移動し、動画が再生されます。

スマホで見ている場合は、YouTubeアプリが開くことになります。(※YouTubeアプリが既にインストールされている場合のみ)

これがリンクと呼ばれるものです。

埋め込みの場合は、ページやアプリを移動せずに、そのWebページ内で動画が再生されることになります。

そのため、動画を直接埋め込むことでユーザーのページ間移動を減らし、利便性を高めることが出来ます。動画を載せたい場合は、埋め込みを利用するようにしましょう。

それでは、実際に動画を埋め込む方法について紹介します。

①動画再生画面下の共有をクリック

動画の埋め込み1

動画の再生画面下に「共有」という項目があるのでこちらをクリック

②「埋め込む」を選択

youtube動画の埋め込み

一番左の「埋め込む」という項目をクリック

YouTubeの動画は、TwitterやFacebookなどのSNS、メールなどで共有することも出来ます。

③HTMLをコピペ

HTMLのコピペ

動画を埋め込むためのHTML(埋め込みコード)が表示されるため全てコピー

あとはコピーしたHTMLコードを、WebサイトにHTML形式で貼り付けるのみです。

HTMLコードを埋め込むことで、同じWebページ内に動画を埋め込み再生することが可能になります。

Webサイトを運営していると、動画を埋め込む機会があると思うので覚えておくと良いでしょう。

-YouTube
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.