【故障】PS5のDualSenseコントローラーが勝手に動くドリフト問題で詰む

PS5を使い始めて約6ヶ月、コントローラーが壊れました...。

何もしていないのに勝手にスティックが操作された事になる、いわゆるドリフトという現象です。

ゲームプレイ中も干渉してきますので、まともに遊べず無視できないのが現状です。

PS4のコントローラーは数台を数年使っていましたが、一度も壊れたことがなかったので、PS5のDualSenseコントローラーは壊れやすいのかな〜と思ったり。

 

調べてみると、同じようなドリフト問題に悩まされている方は多いようです。

ハプティックフィードバックなどの振動による負荷は、少なからず影響しているものと考えられます。

解決策はいろいろ見つかるが・・・

ドリフト問題を解決する方法を探しましたが、正直「これで解決できるわけないだろうな〜」というものもたくさん見つかります。

今回はDualSenseコントローラーのドリフト問題を自力で修理するために、ダメもとでさまざまな解決策を試してみました。

  • DualSenseのリセットボタンを長押し
  • Bluetoothの切断
  • 本体・コントローラーのアップデート
  • DualSenseの掃除

 

色々試した結果、直りませんでした...。

これはソフトウェアの問題ではなく、DualSense本体のハードウェアの問題でしょう。

つまり、素人には直せないということです。

DualSenseコントローラーは、アダプティブトリガーという特殊な技術が使われているせいか、分解が困難なつくりになっています。

●今回試した方法

1)PS5本体・コントローラーのソフトウェアを最新のものにアップデート(既に最新)

2)PS5の電源を切り、コントローラ背面のリセットボタンを5秒ほど長押し、PS5を起動

DualSense背面

3)Bluetoothを切断し再接続

4)スティックの掃除

DualSenseコントローラーはなぜドリフトするのか

下記動画を見れば、DualSenseコントローラーの分解の難しさがわかります。

そしてドリフト問題が起こる原因も解説されています。

この動画でも述べられていますが、なぜ分解が困難な設計にし、交換可能な代替部品を明示していないのか疑問です。

特に、電子部品は必ず消耗するものですから、長期的な使用のためにも部品が交換が可能な仕様にしてほしいところです。

ドリフト問題を自力で解決できない場合

自力でDualSenseコントローラーの故障を修理することができない場合には、

  • 専門業者に依頼する
  • 保証期間内であれば修理を申し込む
  • 新しく買い替える

しか解決策はありません。

 

PS5は1年間の保証期間があるため、購入して1年以内であれば無償での修理や交換が可能な場合があります。

PlayStationの公式サイトでは、オンライン修理受付サービスというものがあります。

購入証明書(保証書)があれば修理が可能です。

-ゲーム
-