YouTubeアナリティクスを上手く利用していない人は損している!分析画面の基本的な見方を紹介!

YouTubeアナリティクスはプロのマーケティングにも使えるレベル

YouTubeのチャンネル運営をしている人は、アナリティクスの機能を活用していますか?

もしも、アナリティクスの機能が使いこなせていないのであれば、非常にもったいないことをしています。すぐにでもチャンネルのアナリティクス画面を開いてみましょう。

YouTubeアナリティクスは今や、プロのマーケターが使うレベルにまで進化しています。そのようなツールが無料で提供されているのです。

使わないわけにはいかないでしょう。

アナリティクスを使いこなすことで、今よりもさらにチャンネルの成長が期待できるでしょう。

とはいえ、アナリティクスの画面の見方が分からないという人も多いと思います。

今回は、最も基本となる動画のパフォーマンス画面の見方について紹介します。

アナリティクス画面の基本的な見方

アナリティクス画面では、動画の様々な数値を確認することができます。

今回は、

  • インプレッション数
  • インプレッションからの視聴回数
  • インプレッションからの総再生時間

について解説します。

アナリティクス画面でいうと、以下の部分になります。数字がでている箇所については隠してあります。

youtubeアナリティクス画面の見方

 

インプレッションについて

まずはインプレッションについて解説します。

インプレッション

インプレッション数は、ユーザーが画面をスクロールして表示されたら、それをインプレッション数としてカウントします。

ただし、インプレッション数には視聴者が外部ソース(ウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア)やYouTubeの通知からのコンテンツを見つけた場合は含まれません。

 

さらに詳しく解説します。

  • インプレッションとしてカウントされるためには、サムネイル画像の50%以上の範囲が少なくとも1秒以上表示される必要があります。
  • インプレッション数は、視聴者がサムネイルをクリックするとすぐにカウントされます。しかし、リンクから動画に辿りついた場合はカウントされません。
  • インプレッション数は、通知や外部ウェブサイト、終了画面からのトラフィックはカウントされません。

 

>>インプレッション数について

インプレッションを分析する

インプレッション数は、ユーザーに動画を発見された回数と捉えることができます。つまり、動画を視聴してもらう最初の機会となります。

ここで、もう一度先ほどの「インプレッションと総再生時間の関係」についての画面を貼ります。

youtubeアナリティクス画面の見方
 
黒塗りになっているため見えませんが、一番上の「インプレッション数」はアナリティクス画面で、常に最大値になります。
 
動画のサムネイルを見て、動画を通り過ぎる人もいれば、動画をクリックして視聴する人もいます。
 
そしてクリックされると、インプレッションからの視聴回数にカウントされます。

インプレッションからの視聴回数について

動画のサムネイルを見て動画を再生した人は、サムネイルやタイトルに魅力を感じた人かもしれません。

もしも、インプレッション数が多いのに対して動画の視聴回数が著しく少ない場合は、サムネイルとタイトルが工夫できないか見直してみると良いでしょう。

インプレッションから動画を視聴した割合は、クリック率として表示されています。

クリック率が多いか少ないかは、チャンネルの他の動画と比較するのが最良です。他の動画と比較して少ない場合は、サムネイルやタイトルに興味を持った人が少なかったと捉えると良いでしょう。

ユーザーが興味を引くようなサムネイルやタイトルにするにはどうすればいいか考えましょう。

その下には、動画の「平均視聴時間」が表示されています。

動画ごとやチャンネル全体、ジャンルごとの平均視聴時間を確認することができます。

インプレッションからの総再生時間について

YouTubeインプレッション

「インプレッションからの視聴回数」の下には「インプレッションからの総再生時間」が表示されています。

動画の平均視聴時間が短い場合には、その時間付近で動画の内容に満足したか、動画とタイトルが合っていなかったと考えることができます。

アナリティクス画面分析のポイント

インプレッション数や視聴回数のような数値は、時間とともに変化するので大きな視点で捉えることが重要です。

一時的には数字が伸びていても、チャンネル全体の数字からするとそうでもなかったということもあります。

また、時間の経過と共にインプレッション数の少ない動画のクリック率が高くなることや、視聴回数の多い動画のクリック率が高くなることもあります。

 

アナリティクス画面にはこのほかにも、登録者の増減や収益に関するデータも細かく分析することができます。ぜひともアナリティクス画面の見方を理解して使いこなせるようになりましょう。

-YouTube
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.