【チャンネル登録者数が増えない人向け】視聴者を増やすための3つのコツ

チャンネル登録者数を増やすためのヒント

YouTubeを始めたばかりの人にとっては、動画を毎日投稿していても再生回数が一桁台、チャンネル登録者数100人以下という状況は越えなければならない最初の壁です。

この最初の壁というのは、特殊な場合を除いては必ず誰しも経験しています。

動画を投稿しているクリエイターであれば、再生回数を増やしたい、チャンネル登録者数を増やしたいと思うのは当然のことです。

ここで、受け入れなければならない現実を突きつけますが、YouTubeはビジネスだということです。

金融、IT、小売りのような業界と同じように「YouTube」という業界が既に確立されています。この現実を受け入れなければ、YouTubeでチャンネルを伸ばすことは不可能でしょう。

それでは、このYouTubeという業界でチャンネル登録者数を着実に増やしていくためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

今回は、Alyskaチャンネルで実践されているチャンネルを成長させるための3つの工夫を紹介していきます。

チャンネル登録者数を増やすためのコツ

①視聴者とつながること

まずは視聴者を大事にし、できるだけ真摯に対応するようにしましょう。

コメントにしっかり耳を傾けることで良いアドバイスを得られることがあるかもしれません。

アドバイスをもらえると、自分の動画を見てくれる人がいるということに気づきより動画作りに励むようになるでしょう。

動画を見てくれた上にコメントを残してくれるというのは、YouTubeに動画を投稿し始めたばかりの人にとっては非常にうれしいものです。

あなたのチャンネルが、まだ注目されていない時であれば尚更です。チャンネル登録者数が少ないながらも、あなたの動画を見つけて再生してくれた貴重な視聴者だということを忘れてはなりません。

これビジネスであれば、自分の会社の商品を買ってくれた事と同じことだと捉えると良いでしょう。

チャンネルが成長して登録者数が増えてきた頃には、そのように視聴者個人に対応するということは難しくなります。だからこそ、下積み時代を支えてくれる人々には真摯に対応するように心がけましょう。

②動画にオリジナリティを出す

動画にオリジナリティを出すのは簡単ではありません。YouTubeは今や、競争の激しい市場となっています。なんとなくで動画をアップロードしていても、チャンネル登録者数は絶対に伸びません。

他のクリエイターがやっていないジャンルで攻めたり、動画に少しでもオリジナリティを加えて他の動画と差別化することが求められます。

その中でも、自分らしさや自分の強みが活かせるコンテンツであればなお良いでしょう。

YouTubeでは、ガイドラインに違反しない限りはどんな動画を出してもOKなのです。人々が想像もしないようなコンテンツを生み出すことができれば、パイオニアとしてYouTube上での地位を確立することができるでしょう。

まとめると、

動画にオリジナリティを加えて、差別化する→難易度低い

誰もやっていないような動画コンテンツを生み出す→難易度高い

という感じになります。

YouTubeはもはやマーケティングツールとなっています。トレンドを読んだり、ユーザーの行動をアナリティクスで分析したりしなければ、そう簡単に数字を伸ばすことはできません。

YouTubeアナリティクスの使い方を理解し、使いこなすことができればプロのマーケターレベルにまで成長することができるでしょう。

そのようなツールを無料で利用できるので恵まれた環境ですね。

他のクリエイターとコラボする

YouTubeを始めたばかりで、チャンネル登録者数が少ない人からすれば、他のクリエイターとコラボするというのは現実的ではないと思うかもしれません。

しかし、YouTube上にはあなたと同じようにチャンネル登録者数に伸び悩んでいる人が大勢います。そのようなクリエイター達とコラボして、視聴者を共有することができれば、登録者数が増えるかもしれません。

まずは、あなたのチャンネルを見つけてもらえなければ意味がありません。これからのYouTubeは、視聴回数が少ない動画を見つけてもらえるのはますます難しくなるでしょう。

そのような環境では、動画を始めたばかりの人が黎明期を超えることは本当に厳しいです。これはYouTubeの内部のアルゴリズムに関連してきますので、自分ではどうしようもできないことでもあります。

そのようなYouTubeの現状を受け止め、クリエイターにはチャンネルを伸ばす工夫が求められているのです。

そうすることでクリエイターには競争意識を刺激され、さらに良質な動画コンテンツが生まれてくるわけです。

実によくできたビジネスですね。

まとめ

YouTubeで成長するためには、ある意味でビジネスに強くなる必要があるのです。

1つでも参考になるものがあれば実践してみると良いでしょう。

ソース:Quick Tips from YouTube

-YouTube, 動画制作
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.