YouTubeで検索履歴を削除する方法を解説。検索履歴を残さない方法もあり。

今回はYouTubeで過去に検索したキーワード(検索履歴)を削除する手順をご紹介します。

キーワードを一つずつ削除する方法と検索履歴をまとめて削除する方法があるのでそれぞれ解説しています。

そもそも検索履歴を残さない

YouTubeのシークレットモードを利用すれば、そもそも検索履歴を残さずに動画を閲覧することができます。

ただし、YouTube Premiumに加入している場合でもシークレットモードに切り替えると広告が表示されるようになり、プレミアムの特典は利用できなくなります。

アプリYouTubeでは、自分のアカウントから「シークレットモードを有効にする」ことができます。

シークレットモードを解除する場合は、右上のマークをタップして無効にできます。

検索履歴を削除する(ブラウザ)

ブラウザ版YouTubeから検索履歴を削除する場合には、左側の「履歴」へ進みます。

画面右の「全ての再生履歴を削除」を選択。

YouTube-全ての再生履歴を削除

「再生履歴を削除」を選択。

再生履歴を削除

以上がPCブラウザで再生履歴を削除する方法です。

YouTubeアプリで再生履歴を削除する

YouTubeアプリの検索窓に過去の検索キーワードが表示されており、それぞれのキーワードを一つずつ削除することができます。

表示された「削除」をタップすることで、検索キーワードを一つずつ消すことができます。

YouTube検索履歴削除

検索履歴をまとめて削除(アプリ)

検索履歴が少ない場合は上記の方法で一つずつ消していくこともできますが、検索履歴が多い場合はかなりの時間がかかってしまいます。

検索履歴が多い場合はまとめて削除するようにしましょう。

YouTube設定

アカウントから「設定」を選択します。

検索履歴を削除

「検索履歴を削除」を選択。

YouTube-検索履歴

これにて過去の検索履歴の削除が完了です。

-YouTube
-