チャンネル登録者数世界1となったYouTubeチャンネル「T-series」の広告収入は一体いくらなのか

YouTubeのチャンネル登録数は、かつてPewDiePieことフェーリックス・アルヴィッド・ウルフ・シェルベリが1位の座を守り続けていました。

しかしながら、インドの音楽系YouTubeチャンネルである「T-Series」追い抜かれ、登録者数の競い合いはGreat Subscriber Warとして世界中で盛り上がりました。

インドのYouTube市場の成長を表しているかのようです。

ですが、個人としてのYouTubeチャンネル登録者数はPewDiePieがダントツ1位になっています。

T-Seriesの収益はいくらか

T-Seriesのチャンネル登録者数は1億1500万人を超えています。(2019/10/24)

これだけの登録者数がいると、YouTubeからの広告収入もかなりのものになるでしょう。

 

インドのQuoraというメディアによると、T-Seriesは1日に

26,013,532ルピー稼いでいるようです。

日本円にすると、約39,852,210円になります。

 

たった1日で4000万円近い収益をあげており、その数値は今も増え続けているでしょう。

 

1か月で12億円、1年で約144億という驚異的な収益になります。

となるとほぼ個人で運営されているPeDiePieもこれに近い収益を得ている可能性があります。

 

もしもYouTubeでこれだけの収益を得たいのであれば、その答えは1億人のチャンネル登録者を獲得することです。

そしてYouTubeは今後さらに大きく成長することが予想されるので、さらに収益も増えていくことでしょう。

-YouTube
-

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.