YouTubeでチャンネルを爆伸びさせるためにはどのような工夫が必要なのか【YouTube Studioハック】

YouTubeでチャンネル登録者数を増やし、多くの人に見てもらうためにはどうすれば良いのか、Brian Deanさんが解説しています。

YouTubeチャンネルを成長させるためには、段階的な工夫が必要だと彼は語ります。彼はYouTubeを初めて2~3年ほどは、再生数も登録者数も伸びず苦労していたようです。ためになる動画を投稿しているにも関わらず、数字はついてこないというのはYouTubeでよくあることです。

ですが今では、彼のチャンネル登録者数は毎月8,000人のペースで増えており、毎日数十万回再生されています。彼は、YouTubeで数字を伸ばすためには、何がどのように機能するのかをテストしました。

チャンネルページをプロ仕様に仕上げる

まずは見た目から入りましょう。チャンネルのトップページに表示される画像が、YouTubeが用意しているデフォルトの画像だっり、全く関係のない画像だったりすると、そのチャンネルがどのようなコンテンツを投稿しているのか検討もつきません。

偶然あなたのチャンネルを見つけて動画が再生されたのにも関わらず、チャンネルの方向性が定まっておらず、暇つぶしで動画をアップしている雰囲気がバレると、他の動画を見る気にはなれません。いかにも「プロっぽい」ページを作り、見た目から整えていくことで視聴者に興味を持ってもらいましょう。

YouTubeのチャンネルには「概要欄」という項目があります。この概要欄を充実させましょう。動画のジャンルや、チャンネルの目的などを明確にすると、ニーズがマッチしたユーザーは登録しやすくなります。

チャンネルアイコン

第一印象で興味を持ってもらうためには、YouTubeのチャンネルアイコンも重要です。チャンネルアイコンは、検索結果、コミュニティタブ、コメント欄、おすすめ動画、関連動画など様々な場所で表示されます。

Googleアカウントを作った時に自動生成される人物アイコンではなく、チャンネルの方向性に合ったアイコンを設定すると良いでしょう。

キーワードを見つける

YouTubeでは動画をアップロードしても、その動画を見つけてもらえなければ、動画が再生されることもあり得ません。Brianさんが大きくチャンネル登録者数を伸ばしたのは、YouTubeでよく検索される人気のキーワードで、動画が上位表示されるようになってからのようです。

YouTubeオートコンプリート機能を活用する

オートコンプリートとは、YouTubeの検索でキーワードを入力すると、関連してよく検索されているキーワードを表示してくれる機能です。

たとえば、YouTubeで「ダイエット」と打ち込むと、

Youtubeオートコンプリート

ダイエットに関連して、よく検索されているキーワードが複数表示されます。これがオートコンプリートと呼ばれる機能です。YouTube側から、多くの人が検索に利用しているキーワードが提案されているため、動画作りに役立てることができます。

計画し、準備する

多くの成功しているYouTubeチャンネルを調べると、事前に計画されて入念な準備がされている場合が多いです。特にBrianさんは動画を作る際には事前に動画の概要をまとめたスクリプトを作成しているそうです。

即興で動画を作るよりも、無駄な余白や、動画の方向性がずれることがないため、事前に動画の内容を順序立てて、見ている人にも分かりやすい動画作りを目指すべきです。

SEOに最適化した動画を作る

SEOに最適化された動画は、チャンネルが急成長するのを手助けします。

SEOに最適化された動画に必要な要素として「タイトル」があります。ダイエットに関する動画であれば、必ず「ダイエット」をタイトルに含むようにしましょう。さらにBrianさんが提案する方法は、動画の概要欄にも「キーワード」を2〜3回含むようにすることです。闇雲にキーワードを入れて良いという訳ではないので注意してください。

キーワードを含むタグ

YouTubeに動画をアップロードする際には、動画に関連する複数のタグを設定することができます。メインキーワードを最初のタグに含め、「YouTubeでどのようなキーワードが検索されるか」を意識してタグを設定するようにしてください。動画に関係のないタグを設定することは、全く意味がなく、むしろ逆効果です。

より多くのコメント

Brianさんらは、YouTubeで上位表示される130万もの動画を分析し、YouTubeで上位表示される動画の傾向を調査したそうです。その結果、上位表示される動画の傾向として、「たくさんのコメントがある動画が上位表示されやすい」という結論を導き出しました。

YouTubeのアルゴリズムは、たくさんのコメントがつけられる動画は「多くの視聴者を惹きつける」ため、さらに動画をブーストさせるようです。

視聴者にコメントを残してもらうには?

Brianさんは視聴者が動画にコメントを残してもらうための工夫について解説しています。

動画に複数の選択肢を含むようにすると、コメントを残してくれると言います。多くのYouTuberは「この動画についてどう思ったか」コメントを残すように視聴者に語りかけます。もちろんこれも良いアプローチですが、もっと限定的な問いかけの方が視聴者の反応もよくなります。

視聴者が一文で簡単に回答できるような質問を投げかけ、コメントを残してもらうように誘導しましょう。

固定コメント

チャンネル運営者は、動画のコメント欄の一番上に視聴者の目に留まる形で固定コメントを表示することができます。この部分で視聴者に質問を投げかけるのも良い方法の一つです。

チャンネルを解説したばかりで、登録者数が少ない場合は、できるだけ動画のについたコメントに返信するようにしましょう。実際、Brianさんは全てのコメントに返信しており、より多くの視聴者が積極的にコメント欄に参加することにも繋がると言います。

登録者数を増やす

YouTubeチャンネルを成長させるためには、登録者数を増やしていかなければなりません。YouTubeチャンネルは登録者数1000人を超えなければ、収益化することはできませんが、この最初の1000人の登録者の壁は非常に大きいものです。

Brianさんは、量ではなく、品質に焦点を当てて動画を作るべきだと語ります。YouTubeでは毎分400時間を超える動画が投稿されています。平凡以下の動画は、もはや必要とされていないのです。Brianさんはたった20本の動画のみでチャンネル登録者数を10万人まで増やしています。さらにここから20万人に増やすまでには7本の動画しかアップしていません。

日本には、たった25本の動画のみで登録者数300万人を超えるチャンネルも存在します。少ない動画でもここまで登録者数が増えるのは、動画の品質が高いからに他なりません。

動画の終了画面

動画の最後の数秒間に、チャンネルの他の動画と、チャンネルアイコンを表示させることができません。動画を見終わった視聴者に登録してもらう絶好の機会です。終了画面を設定し、ワンタップで登録できるように工夫することもできます。

セッション時間

YouTubeにはセッション時間というものがあります。これは視聴者維持率とも、総再生時間とも異なるものです。総再生時間は1つの動画を見ている時間に対して、セッション時間は、YouTubeのプラットフォーム上であなたのチャンネルの動画にどれだけの時間が費やされているか表します。

YouTubeによると、このセッション時間を増やすことが重要だとのことです。まずは、動画の終了画面で別の動画を表示するようにしましょう。

また、セッション時間を増やすためには、再生リストを充実させておくことを推奨します。再生リストの動画は、自動的に次の動画が再生されるため、視聴者は継続してあなたのチャンネルに留まることになります。

そこで、視聴者を長く留めるために魅力的な再生リストを用意しておくことが重要になります。

YouTube Studio

YouTube Studioはチャンネルを分析する上で欠かせないツールです。アナリティクス画面で、視聴回数と、視聴時間がどうからきているのかを確認するようにしてください。数字が良い部分はなぜ良いのかを徹底的に分析するようにしてください。

以上がYouTubeチャンネルを伸ばす方法です。BrianさんはYouTubeチャンネルを伸ばす方法について他にも多くの動画をアップしているためぜひ参考にしてみてください。

Brian Dean - YouTube

-YouTube
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.