【YouTube収益化へ向けて】検索の仕組みについて理解しトレンドを読む【SEO対策】

youtube検索

YouTubeの「検索」の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

YouTube検索はGoogle検索と同様に、

謎が多いのではないかと思っている人は多いでしょう。

今回はその誤解を解き、検索の仕組みについて理解していきたいと思います。

YouTubeで動画を作る際の動画コンテンツ選びの参考になるかと思います。

検索の仕組みについて

youtube検索の仕組み

YouTubeではGoogle検索と同様に、検索語句との関連性が高いものが表示されます。

利用者が検索窓に入力する語句と動画コンテンツのキーワードの関連性高ければ上位に表示されやすくなります。

しかし重要なのはそれだけではありません。

検索語句と動画のタイトル、概要欄の説明、内容が一致しており、多くの再生時間と視聴者の反応を引き出していることが重要となります

視聴者の反応についてはこちらの記事が参考になります↓

動画を発見しやすくする

動画を発見しやすくするためには、動画のタイトルや概要欄の説明に、検索されそうな効果的なキーワードを含めるのがよいでしょう。

例えば、新型のiPhoneが発売されたとします。

iPhoneを購入しようか迷っている人が、YouTubeにレビュー動画を探しに来るかもしれません。

新しいiPhone気になるなぁ

ここで、この人がYouTube検索窓にどのようなキーワードを入力するか考えてみましょう。

  • iPhone レビュー
  • iPhone 最新
  • iPhone 価格
  • iPhone サイズ

などが考えられると思います。

検索されそうなキーワードを考えてタイトルや概要欄にそのキーワードを盛り込んでいくのです。

Googleトレンドを活用する

キーワードって具体的にどのように決めればいいの?

検索キーワードを絞り込む際にはGoogleトレンドを参考にするとよいでしょう。

Googleトレンドについてはこちらの記事が参考になります↓

>>Googleトレンドとは?

国や地域ごとによく検索されているキーワードを確認することができ、動画コンテンツ選びやタイトル決めの際に大いに役立つでしょう。

しかし注意しなければいけないことがあります。

キーワードを悪用することは厳禁です。

検索されそうなキーワードを多く盛り込んでいても、動画コンテンツがキーワードと関連性がなく誤解を招く動画は再生が中断され長期的にはマイナス効果です。

動画の内容とキーワードがマッチした動画作りを心がけましょう。

誤解を招く動画を投稿してしまうと、検索エンジンの評価が落ちてしまいます。

一度下げてしまった評価を再び上げるのが難しいことは言うまでもないでしょう。

動画の評価を上げる

動画の評価を上げるためには、動画の説明欄を充実させる必要があります。

概要欄の説明は1,2段落程度にまとめ詳しく記載し、

ソーシャルメディアのリンク以外の情報も記載しましょう。

”ソーシャルメディア以外のリンク”について気になる人も多いでしょう。

動画の概要欄に自身のTwitterやinstagramなどSNSアカウントを記載している人は多いでしょう。

それ以外の情報も重要な要素となります。

例えば先ほどのiPhoneを例にすると、

  • iPhoneの商品リンク
  • Appleの公式サイト
  • 購入におすすめなショップ

などのURLが良いでしょう。

動画を見終わった視聴者は、実際にiPhoneを購入するかもしれません

その時、概要欄に商品リンクが貼られていると実際にリンクを踏んでくれる人もいるでしょう。

もしかすると、リンクの移動があったとしてYouTubeのアルゴリズムからの評価も上がるかもしれません。

流行や季節を取り入れたコンテンツを作る

流行や季節を取り入れた動画は発見されやすくなるかもしれません。

はやり事は一時的ではありますが検索数が増えます。

その際に独自のコンテンツで視聴者の目に留まると、継続的なファンとなってくれる可能性があります。

季節に関するコンテンツは一定の割合で検索され続けるので、YouTubeを始めたばかりの人にとってはチャンネルの成長をサポートするでしょう。

まとめ

検索の仕組みについて理解すると、もっと動画を充実させなければ!

という気持ちになります。

今まで手を抜いていた概要欄の説明を充実させることでより検索されやすいチャンネルになるかもしれません。

ソース:検索の仕組み

-SEO, YouTube
-, , ,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.