ポータブル機器でPCゲームをプレイできるSteam Deck。気になる性能・スペックは?日本での予約開始はいつから?

2021年12月に発売が予定されている「Steam Deck」はポータブルゲーム機そのものですが、モニターと接続することでPC同様にキーボードでプレイすることもできます。

これまでゲーミングPCを購入することができなかった方でも手軽にプレイできるゲーミング機器が登場したというわけです。

日本ではまだ予約することはできず、2022年の発売開始が予定されています。

発売されるSteam Deck

今回発売されるSteam Deckは3種類あります。

 

64GBモデル(eMMC)

  • 399ドル
  • 高速ストレージ

 

256GB(NVMe  SSD)

  • 529ドル
  • 高速ストレージ
  • キャリングケース
  • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル

 

512GB(NVMe SSD)

  • 649ドル
  • 高速ストレージ
  • プレミアム防眩エッチングガラス
  • 限定版キャリングケース
  • 限定Steamコミュニティプロフィールバンドル
  • 限定仮想キーボードテーマ

Steam Deckに搭載されるZen2+RDNA2は、最新のAAAタイトルにも十分なパワーを備えているとのこと。

Steam Deckにログインすることで、通常のPCと同様にSteamライブラリが表示され、コレクションやお気に入りをすぐに見つけることができます。

外部ディスプレイへ出力する際には、有線ネットワーク、USB周辺機器、電源への接続が必要であり、別売り予定の公式ドックで接続が可能になります。

外部ディスプレイへ接続するために、ここまで手間がかかるのであれば最初からPCを購入したほうが良いような気がするので、持ち運んでプレイしたいという用途に向いているでしょう。

Steam Deckの予約

Steam Deckは、予約の際に料金が発生するようです。

また、予約できるのはひとり1台が上限となっています。

これは高額転売対策とされており、購入意思の明確化や在庫の地域配分のバランス最適化を目的としています。

eBayなどのオークションサイトでは、予約確定商品としてすでに高額転売されています。

Steam Deckのスペック

CPUAMD Zen 2
CPUクロックスピード2.4-3.5GHz
GPUAMD RDNA 2
GPUユニット数8
GPUクロックスピード1-1.6GHz
RAM16GB LPDDR5 @ 5,500MT/s
解像度1280×800
リフレッシュレート60Hz
ディスプレイ7インチLCDタッチスクリーン
接続Wi-Fi、Bluetooth、USB Type-C

Steam Deckは重い?

Steam Deckのスペックはすでに公開されていますが、気になるのはその重さです。

本体の重量は約669グラムですが、ニンテンドースイッチと比較すると倍近い重さになります。

この重さは長時間プレイする上ではネックとなりそうな予感。

結局ディスプレイに出力して据え置き型ゲーム機と同様のプレイスタイルになってしまうような気もしますが、長時間のプレイでも重さが気にならないのであれば、ポータブルゲーム機としてはかなりの高性能の部類に入ります。

外出先に持ち運んでプレイしたい方や長時間ゲームをする時間がない方にぴったりのゲーム機となるでしょう。

-ゲーム
-