このページには広告が含まれています。

地球防衛軍6(Earth Defense Force 6)が2024年7月25日にSteamで発売開始

2024年5月1日

D3パブリッシャーは5月1日にSteam版「地球防衛軍6」の発売日が2024年7月25日に決定したことを発表しました。対応プラットフォームはPS4とPS5に限定されていましたが、Steamで公開されると同時に英語にも対応し海外ファンにもゲームを楽しめるようになります。地球防衛軍シリーズは海外にもコアなファンが多く前作の地球防衛軍5は全世界で100万本の売上を達成しています。

Earth Defense Force 6 - STEAM

Steam版を購入すればオンライン対戦や協力プレイが無料のため、PlayStationで月額料金を支払うのに躊躇していた人にとってはPC版のリリースは嬉しいですね。

海外の反応

See you in the battlefield comrades

戦場で会おう、仲間たち

That is quite close. Finally man, us western folk will be able to join the fight to the EDF and take down the vermin of bugs, robots and aliens alike. Gonna be so much fun.

ついに私たち西洋の人々もEDFに参加して、虫やロボット、エイリアンといった害虫を一掃する戦いに加われるようになります。とても楽しみです。

I am so glad that EDF has never once in it's life taken itself seriously. The goofiness of this series is what I live for

EDFが一度たりとも真剣に自分自身を取り扱ったことがないのが、本当に嬉しいです。このシリーズのおかしな部分が私の生きがいです。

地球防衛軍シリーズには熱狂的なファンも多く、毎シリーズ楽しみにしているユーザーも数多く見受けられます。日本以外では発売開始が数年遅れてしまうため、海外ユーザーにとっては待ちきれないのでしょう。

日本で地球防衛軍6が発売されたのは2022年8月25日ですので、海外ユーザーは2年も待たされることになります。インターネットで簡単に情報は手に入るのに2年も待たなければならないというのは神経がすり減ります。

D3 PUBLISHER
¥6,040 (2024/05/27 13:08:30時点 Amazon調べ-詳細)

人類よ、絶望の未来を生きろ。
●西暦2024年。長く続いた未知の侵略者との戦いに人類は勝利した。敵プライマーは去り、地球に静寂が戻った。 しかし人口は一割まで減少、世界は崩壊の危機に直面していた。生き残った人々は懸命に復興を続けつつ、残存する脅威と戦う日々…。 そして3年の月日が流れた西暦2027年。希望なき新世界で、再び地球の運命に抗う時が来たのだ。
●新世界で地球の未来を救え。 長きにわたり地球を苦しめる侵略者の正体がついに明かされる。シリーズ初の荒廃した世界を舞台に、襲い来る深い絶望の連鎖…。 しかしEDFの兵士となって戦う君の存在が、人類を最高の歓喜へと導くはずだ。さあ勇気と知恵で立ち向かえ。
●シリーズ史上最大ボリューム。 過去最高のミッション数と、武器/兵器を収録。 もちろん全てのミッションで最大4人までのオンライン協力プレイに対応。また画面分割によるオフライン協力プレイも可能だ。4つの兵科を操り、全国のリアルEDF隊員と共闘せよ。

 

地球防衛軍6レビュー

毎度おなじみ巨大生物に加えて、集団で計画的に攻撃してくるカエル顔のエイリアンやアンドロイドが登場しています。(5からですが)
4までやって5を経験していないと、低難易度でも割と苦戦します。今までみたいにロケラン無双する訳にも行かず、考えて戦わないといけません。
ストーリーは素晴らしいし、クリアした時の爽快感はいつも通りでそこがいいです!

地球防衛軍シリーズは最高難易度(インフェルノ)がとにかく難しく設定されており、何十時間もプレイして武器を集めつつアーマー最大値をアップしなければクリアできないほどです。

凄腕のベテランともなるとアーマー初期体力だけでもクリアできるのですが、普通のプレイヤーには不可能です。4種類の兵科と何十種類もある武器を組み合わせながら大量のエイリアンを駆逐する戦略を練らなければなりません。闇雲に火力をぶつければ攻略できるという単純なゲームではないのです。

 

 

オンラインのアメリカ人フレンドに「EDF面白いよ!」と教えられて購入。
あるのは知っていましたが、なんだか子供っぽいゲームかな?と購入を控えてました。
地球が宇宙人に破壊された後、更なる攻撃に民間の兵士が協力しあい戦うサードパーソンシューティングゲームなのですが、オンラインパーティを作る際にレベルや、プレイスタイルなども自分で設定出来て、気楽にやれて楽しい。
他にもシューティングゲームはやってますが、PS4のみの参加オンラインでも、中々難しい中このゲームは気楽にやれて楽しいですよ。
画像は正直ちょっと懐かしい初期のPS4ソフトっぽい粗さで、超リアルさを求められる方は、「なんじゃ?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、このゲームは気楽にオンラインで楽しめる物かと思います‼︎

地球防衛軍のはちゃめちゃ感はオンラインの協力プレイに向いています。複数人で協力しなければクリアが難しいステージも多いため、ボイスチャットでコミュニケーションを取りながら敵を誘導したり、プレイヤーが囮になったりしながら、まるで戦略ゲームのような頭脳戦も必要なのです。

敵を倒すというシンプルなシューティングゲームでありつつも、地形や敵の特性を理解した上で立ち回らなければなりません。

 

大きな仕様変更もなく正統進化って感じでした。
ただストーリーが前作より長く、全く同じだったり似たようなマップに、敵も強力なのが大群で現れたりと、ソロで攻略するのは気力が持ちませんでした。一人でやる場合は敵の数を減らすなどして欲しかったです。

地球防衛軍6は前作の地球防衛軍5の数年後という設定になっており、登場する的やステージがかなり被っています。そのため「地球防衛軍5と同じゲームをしているようだ」と感じた方も多いのではないでしょうか。

地球防衛軍シリーズはその難しさゆえに途中で挫折してしまうユーザーもいるようです。また、収録されているステージ数も過去最大規模ということもあり、全ステージをクリアするまでにはかなりの時間がかかります。特に最高難易度を全てクリアするまでには数年かかると言われているほど難しいのです。

オンラインで協力しながら少しずつプレイするのがおすすめです。

-ゲーム
-