iPhone・iPadの録画が可能なおすすめのキャプチャーボードと必要な機材まとめ

キャプチャーボードの中には、iPhone、iPadの録画に対応したタイプのものがあり、iOSアプリなどを録画したい場合に最適です。

キャプチャーボードがあれば、画面の録画のみならず、ライブ配信も可能になります。

今回は、iPhone録画のために必要な機材をまとめて紹介しているため、知識ゼロからでもiPhone画面の録画・ライブ配信ができるようになります。

iPhone録画に必要なもの

iPhoneを録画または、ライブ配信をするためには準備するべきものがいくつかあります。

※iPhoneを録画する方法は他にもあるでしょうが、今回はキャプチャーボードを使って録画する方法に絞ってご紹介します。

iPhone録画に必要なもの

  • キャプチャーボード(HDMI対応)
  • HDMIケーブル
  • Lightning Digital AVアダプタ
  • パソコン
  • モニター

上記の5つがあれば快適にiPhone・iPadの録画およびライブ配信ができます。

それでは、それぞれの用途について解説します。注意すべきポイントもあるためご確認ください。

キャプチャーボード

iPhoneの画面を録画するために、キャプチャーボードを用意します。ここで注意すべきことはHDMIケーブルが接続できるキャプチャーボードでなければならないということです。後ほど紹介するキャプチャーボードは、全てHDMI接続に対応しています。

iPhoneの画面を録画するためには、まずパソコンに画面を取り込む必要があります。そのために必要になるのがキャプチャーボードです。

キャプチャーボードには種類が多いですが、よく使われているものの価格帯は1.5万〜2.5万円ほどです。

HDMIケーブル

パソコンにiPhoneの画面を取り込むために、iPhoneとキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続する必要があります。

HDMIケーブルはiPhoneのみならず、PS4やNintendo Switchなどのゲーム画面を録画する場合にも必ず必要になります。

Lightning - Digital AVアダプタ

iPhoneのキャプチャーボードをHDMIケーブルで接続しますが、iPhoneにはHDMI接続端子がないため、直接繋ぐことはできません。そのためLightning - Digital AVアダプタで、iPhoneとLightning接続できるようにします。

久しぶりに起動してみたり、iOSのバージョンが変わっていると、うまく画面が映らないことがあるようです。iPhoneとキャプチャーボードを接続して画面が映らない場合は、接続後iPhoneを再起動することでiPhoneをアダプタが認識するようになります。うまく認識されない時は試してみてください。

パソコン

キャプチャーボードとパソコンをUSB接続します。USB接続ができれば、ノートパソコンかデスクトップかは関係ありません。

注意すべき点は、パソコンのスペックがキャプチャーボードのシステム要件を満たしているか事前に確認しておくことです。スペックの低いパソコンの場合、特にライブ配信で画面がカクついたり、うまく配信できない場合があります。

モニター

iPhoneとパソコンをキャプチャーボードを経由して接続することで、iPhoneの画面をパソコンに映し出すことができます。

ここで、少々厄介なことが起きます。

  • iPhoneの音声はパソコンから出力される
  • パソコンの画面では遅延が発生する

iPhoneの音声はパソコンから聞くことになりますが、パソコンの画面では遅延が発生しているため、音声も遅れて聞こえてしまいます。音が出ない画面を録画する場合は問題ありませんが、ゲームなどを録画する場合、音がずれた状態では快適に操作することが難しいでしょう。

遅延なく操作したい場合は、パススルー出力機能により別モニターにiPhoneの画面を出力する必要があります。HDMI接続ができれば、テレビでもモニターでも問題なく使用できます。

つまり、キャプチャーボードを選ぶ際には、パススルー出力に対応したものでなければなりません。

以上がiPhone録画のために必要な機材です。

最後にこれらを踏まえた上で、条件を全て満たすキャプチャーボードをご紹介します。

iPhoneの録画・配信ができるキャプチャーボード

録画からTwitchやYouTubeなどとの連携にもキャプチャーボード。Windows、Macに対応しておりiPhoneの録画・配信も問題なくできます。

ポイント

  • iPhone録画対応
  • パススルー出力機能
  • 1080p/60fps
  • マイク設定
  • USB3.0対応
  • 無制限キャプチャ

Elgato Game Capture HD60 Sセットアップ

 

  1. Digital AVアダプターのLightning端子をiPhoneに接続
  2. HDMIケーブルの一端をDigital AVアダプターのHDMI OUTポートに接続
  3. HDMIのもう一端をElgato Game Capture HD60 SのHDMI INポートに接続

接続も簡単で、パソコン側で自動認識されるため初めてでも使いやすく機能も豊富です。逆に機能が多すぎるともいえます。

以上がiPhoneの画面を録画する方法です。Lightning接続に対応していれば同様に録画・配信することができます。

-ガジェット, ゲーム
-, ,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.