【2022年】アクティブノイズキャンセリングに対応したおすすめワイヤレスイヤホンを厳選

2022年2月5日

アクティブノイズキャンセリングに対応したワイヤレスイヤホンは、周囲の雑音を遮断することができるため、電車内や飛行機内で自分だけの世界に集中するときに便利です。

また、ノイズを遮断するだけでなく、環境音を取り入れる機能が搭載されたものもあり、イヤホンで音楽を聴きながら会話をするということも可能です。

イヤホンを付けっぱなしの生活ができるようになるわけです。

今回はアクティブノイズキャンセリング対応のおすすめイヤホンを紹介し、用途に合わせた最適な商品を厳選しています。

理想とする生活スタイルを実現できるイヤホンを見つけてみてください。

アクティブノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホン

Anker Soundcore Life P3

created by Rinker
Soundcore
¥8,990 (2022/05/28 08:40:59時点 Amazon調べ-詳細)

環境に合わせてノイズキャンセリングモードを選択可能。屋外や電車内など場所に応じて使い分けられます。

周囲の環境音を自動で検知しノイズを軽減することに役立ちます。周囲の音を聞き取りたい場合は「外音取り込み」機能を利用します。

紛失しがちなワイヤレスイヤホンですが、専用のアプリからイヤホン本体のブザーを鳴らして見つけやすくなりました。

価格は1万円以下となっており、アクティブノイズキャンセリング搭載のイヤホンの中では高コスパの部類に入ります。

また、ゲームをプレイする方に最適な「ゲームモード」が搭載されているため音声遅延の改善が可能です。

本体の最大7時間の連続再生に加えケース本体でも充電が可能なため、合計最大35時間の再生が可能。マイクも搭載されているためワイヤレスで通話をしたい方にもおすすめです。

Beats Studio Buds

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載。外部のノイズを遮断し、臨場感のあるサウンドを実現。集中したいときにおすすめです。

エアコンの駆動音や車の走行音まで軽減できます。

専用ケースから取り出すだけで、iPhoneやAndroidとワンタッチでのペアリングが可能です。音量調節やバッテリー残量の確認は接続先の端末から確認できるため、充電のタイミングなども把握しやすくなっています。

イヤホン本体をタップしたり、長押ししたりするだけで音声の停止や再生が可能なため、操作性にも優れています。

Jabra Elite 4

created by Rinker
Jabra(ジャブラ)
¥10,800 (2022/05/28 08:41:00時点 Amazon調べ-詳細)

防塵、防水、耐汗性能を備え、耐久性に優れた完全ワイヤレスイヤホン。アウトドアやスポーツとの相性が良いイヤホンです。

片耳モードが搭載されているため、片方ずつ使用して長持ちさせることも可能。3種類のイヤージェルが同梱されており、安定したフィット感でワークアウトにも最適です。

アクティブノイズキャンセリングはタッチするだけで起動できるため、移動中の操作も簡単です。専用アプリの機能が充実しており、バッテリー残量やサウンドモードの切り替え、外音取り込みの調整などにも対応しています。

 

ポイント

アクティブノイズキャンセリングイヤホンは睡眠中にも適しています。ノイズを軽減するため、飛行機での移動中などでも眠りにつきやすくなるでしょう。

ゼンハイザー CX Plus True Wireless

アクティブノイズキャンセリングと外音取り込みを切り替え可能。指一本で操作できるため、わざわざイヤホンを外す必要はありません。

混雑具合や接続状況に合わせて効率的にデータ転送をするため、満員電車や人混みでも途切れにくくなっています。

ケース本体での充電を併用すれば、最大24時間の使用が可能。事前に充電しておくことで長時間の利用でも安心です。

さらに計4基のマイクが搭載されておりクリアな音質での通話が可能。イヤホンを付けたままでも生活できる万能仕様の完全ワイヤレスイヤホンです。

 

ポイント

ゼンハイザーは75年以上オーディオ機器に特化した製品を販売しています。プロのサウンドエンジニアやミュージシャンからも愛用される技術を持っているため、音質にこだわりたい方にはゼンハイザーブランドがおすすめ。

AVIOT TE-D01m

アクティブノイズキャンセリングと外音取り込み機能を搭載し、ケースの充電込みで最大50時間の再生が可能。aptX Adaptiveにも対応しています。

イヤホン本体だけでも最大10時間の連続再生ができるため、ワイヤレスイヤホンの中でも特に長時間の使用に適しています。

転送ビットレートを可変させられるため、長時間・安定して使用したい方におすすめです。

また、IPX4レベルの防水性能を備えているため、ランニング中の汗や雨に濡れても安心です。(チャージングケースは非防水)

別モデルのTE-D01m2では、さらに高性能なハイブリッドアクティブノイズキャンセリングに加え、ハイレゾ再生やQi充電による非接触充電にも対応しています。価格差は約4千円です。

 

ポイント

aptX Adaptiveとは、低遅延モードや端末との接続を自動的に調整し、安定性の強化などを実現したクアルコムのテクノロジーです。

RHA TrueControl

アクティブノイズキャンセリングとワンタッチで外音を取り込めるアンビエントモードを搭載。通話中には周囲の騒音を低減するQualcomm cVcを搭載しています。

Qi規格のワイヤレス充電に対応。ケースごと置くだけでスマートに充電ができます。

ノイズキャンセリング効果が特に優れており、飛行機のエンジン音から空調ノイズまであらゆる環境音を低減し音楽に没頭することができます。パソコンのタイピング音まで遮断できるという口コミもあります。

ノイズキャンセルにこだわりたいという方におすすめのワイヤレスイヤホンです。

 

ポイント

Qualcomm cVc(クリアボイスキャプチャ)は、ノイズエコーキャンセリングやノイズ低減テクノロジーにより、通話の際のクリアな音声品質を実現しています。

Denon AHC830NCW

Android OS搭載のデバイスと簡単にペアリングできるGoogle Fast Pairに対応。

アクティブノイズキャンセリングに加えて周囲の環境音が聞きやすくなるミックス機能が備わっているため、音楽を聴きながらの会話も可能です。

わずか5.3gという軽量さに加えて自然にフィットする形状により、長時間の使用でも疲れにくい装着感を実現しています。

耳から外すと自動的に一時停止する機能も搭載されているため、無駄に長時間再生されることを防ぎます。

 

ポイント

アクティブノイズキャンセリングは全てのノイズを遮断できるというわけではありません。飛行機のエンジン音のような一定のノイズは高い精度で遮断できますが、叫び声や犬の鳴き声などのノイズは聞こえることがよくあります。

 

オーディオテクニカ ATH-CKR70TW

クリアな通話を実現するビーフォーミング技術搭載。

アクティブノイズキャンセリングに加えて、装着による高い遮音性により音に集中できます。

周囲の雑音を抑制するQualcomm cVcテクノロジーも搭載されており、移動中でもクリアな音質での通話が可能です。

価格の割に機能が優れているという口コミも多く好評を得ているワイヤレスイヤホンです。

 

ポイント

パッシブノイズキャンセリングは、イヤーカップの形状によりイヤホン本体の密閉性によりノイズを遮断する機能のことを指します。

目的別おすすめワイヤレスイヤホン

価格の安さで選ぶなら

周囲の環境音を取り入れたいなら

ノイズキャンセリング性能で選ぶなら

バッテリー容量で選ぶなら

Androidで使うなら

音楽試聴&通話がメインなら

関連記事

-ガジェット
-, ,