YouTubeのチャンネル登録者が増えない?登録者数ゼロでもできる!動画を宣伝する3つの方法

チャンネル登録者ゼロでもできる!動画の宣伝方法

YouTubeクリエイターにとって、チャンネル登録者数がゼロの期間は必ず経験することと思います。

この期間は、動画の再生回数もゼロの場合がほとんどですので、動画をつくるモチベーションも上がりにくいかもしれません。

動画の内容を企画して撮影、その後何時間もかけて編集までしたのに、再生回数がゼロなんてことは日常茶飯事です。

今回は、登録者数が増えずに嘆いている人や、動画をもっと再生してもらいたいという方に向けて、登録者数ゼロでもできる動画を宣伝する方法を3つ解説します。

3つともやらなければいけない、という訳ではありません。もちろん出来るのであれば全て試してみるのが良いでしょうが、おそらく物理的に不可能だと気づきます。

一つでも試してみて、数字の変化に注目してみてください。

これまでよりも数字の伸びが期待できるでしょう。

チャンネル登録者数ゼロでもできる!動画を宣伝する3つの方法

YouTubeに動画をアップロードしても、ユーザーに発見してもらえなければ意味がありません。

動画が発見されて初めて、視聴してもらえたり、チャンネル登録に繋がるのです。

今回は、「動画を発見してもらう」ということを目的としています。

動画が発見された場合、YouTubeアナリティクスのインプレッション数としてカウントされますので、自分の動画がどの程度発見されているのか調べてみると良いでしょう。

ただし、YouTube以外(SNSやブログ、ウェブサイト)で発見された場合は、インプレッション数にはカウントされないので、その点は注意が必要です。

>>インプレッションに関する詳細

ということで、動画を宣伝する方法についての解説に移ります。

①YouTubeの外で宣伝する

チャンネル登録者数がゼロの場合、YouTube検索において動画を上位表示させることは極めて難しいです。

それこそ、YouTubeで誰も検索していないようなキーワードについての動画でなければなりません。

それだけでなく、世界中の誰よりも早くYouTubeに動画をアップロードすることが出来なければ、動画を見つけてもらうことは難しいでしょう。

 

YouTubeは広告媒体として非常に強力になっています。

そのため、すでにチャンネルがある程度の影響力を持っており、動画がある程度再生されていなければ、YouTubeとしても集客効果が期待できないのです。

そこで、チャンネル登録者数が貧弱な我々にできることの一つが、YouTubeの外で動画を宣伝するという方法です。

 

YouTubeに動画をアップロードした後に、ブログやウェブメディアの管理者にアプローチし、動画をページに埋め込んでもらうというものです。

具体的な方法は単純ですが、少しハードルが高いと感じるかもしれません。

いわゆる営業活動のようなものだと考えれば良いでしょう。

 

YouTubeは今や、職業としての地位を確立しています。そのため、チャンネルの動画を宣伝するために営業活動をすることは何ら問題ありません。

 

注意しなければならないのは、ブログやウェブサイトに掲載するに相応しいかどうかです。

闇雲にサイト運営者にアプローチしても、サイトの方向性に沿わない動画であれば、掲載されることは期待できません

動画のコンテンツとサイトのジャンルがマッチしていたとしても、サイトがYouTubeの動画の宣伝などをしていない場合も同様です。

自らサイト運営者に声をかける場合は、事前に入念なリサーチをするようにしましょう。

②別の言語に翻訳する

2つ目は、動画を別の言語に翻訳するという方法です。

YouTubeにアップロードされている動画は、英語のコンテンツが多くを占めており、英語以外であればそこまで競争は厳しくないと一般的に言われています。

 

日本のクリエイターであれば、あまり実感がないかもしれませんが、英語の動画コンテンツの量は、日本語のコンテンツ量の比ではありません。

 

2017年のデータになりますが、YouTube上の動画の言語比率は、英語が93.5%に対し、日本語のコンテンツはわずか0.4%しかありません。

こうしてみると、日本人の1億人ほどの人口では、インターネット上の影響力はまだまだ低いと言えます。

他の言語の比率などのデータもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>YouTube上の動画の言語比率

 

そのため、日本語だけの動画よりも英語や他の言語に翻訳した方が動画の再生回数アップが期待できるのです。

日本国内ではマイナーの動画ジャンルであっても、海外では注目される可能性があります。

多言語に対応しているYouTubeの機能を存分に活用すると良いでしょう。

③メーリングリストを活用する

3つ目は、①と関連する方法です。

というか、本質はほとんど同じです。

ウェブサイトのメーリングリストを活用し、メール経由で宣伝するという方法です。

 

例えば、あなたがYouTubeチャンネルの他にも、ウェブサイトを運営しているとします。そのサイトがWordPressなどのCMSで構築されている場合、メーリングリストという機能が利用できる場合が多いです。

メーリングリストの機能では、ウェブサイトを登録してくれている読者に対してメールを送れるようになっています。

俗にいうメルマガというやつですね。

この機能を利用して、メール経由でYouTube動画を宣伝するのです。

 

これにより、再生回数、エンゲージメント、YouTubeのチャンネル登録者が増え、さらに動画が上位表示されることが期待できます。

 

ソース:チャンネル登録数ゼロでもできる動画を宣伝する方法

まとめ

私が、思うに①と③に関してはハードルが高いように思います。

今回対象としている読者は、YouTubeのチャンネル登録者がゼロの人ですから、そのような人が動画を宣伝するなどの営業活動するのはとっつきづらいものです。

そのため、一番取り掛かりやすいのは②の動画を別言語に翻訳するという方法でしょう。

YouTubeは、動画の中で人物が話す内容を翻訳する機能の他にも、動画タイトルのみを翻訳する機能があります。

これにより、多言語の視聴者にも動画を再生してもらうようにアプローチできるでしょう。

-YouTube
-,

Copyright© Zesch , 2020 All Rights Reserved.